妊娠・出産~新生児

赤ちゃんの名前が思いつかない! 参考するものと避けるべき名前

名前は一生のもの。

そう考えれば考えるほど、赤ちゃんの名前に、何日も悩んでしまうもの。今回は赤ちゃんの名前を決めるときに、どんなものを参考にするのかをご紹介します。

それぞれの注意点や名付けるときに考慮してほしい項目なども、あわせてお伝えします。

赤ちゃんの名前を考えるとき、参考にする3つのもの

赤ちゃんの名前をつけるとき、一回は目を通すかもしれない3つの事柄をまとめました。名付けで参考にした場合の、陥りやすい注意も書いています。

一冊は買う派が多い!? 『名付けの本』


なにから手をつけてよいか、わからないときに一冊は買うであろう、名付けの本。よほど思い入れのある名前があれば別ですが、イメージしかないときは、あると心強いですね。

ずっと使うわけではないので、中古本や図書館で借りてもよいと思いますよ。

一冊では決められないからと、複数買うひともいますが、何冊読んでも結局迷うだけです。一冊に絞りこみましょう。

赤ちゃんの名前。やはり画数は気になる『姓名判断サイト』

姓名判断で最終決定するかどうかは別として、一回は調べてしまうのでは?

男の子は姓が変わることは少ないと思うので、より慎重になるひとがおおいかもしれません。逆に女の子は姓が変わるので、名だけでもよい画数になるよう慎重になるかたがおおいようです。

赤ちゃんの名前をつけるときの姓名判断は、気になりだすとそれだけに縛られてしまうことも。また、サイトによって評価がわかれたりもします。名付けようとした姓名すべての画数が悪い結果になっていなければ、そのほかは参考程度にとどめるのがよいと思います。

一応チェック『赤ちゃんの名前ランキング』

毎年、明治安田生命が発表する赤ちゃんの「名前ランキング」。すてきな名前がおおい反面、いざつけてしまうと、同じクラスで同じ名前の子が複数いてしまうなど、かぶってしまう可能性も……。こだわりがあるなら別ですが、ランクインしている名前をつけるときは多少とどまってもよいかもしれませんね。

ランキングの名前は、漢字一つひとつによい意味がふくまれているものもおおいです。そのため、まったく同じにするのではなく、一語だけ使ってみるのもよいかもしれません。赤ちゃんの名前がまったく思いつかない人は、ヒントになるのでは。

赤ちゃんの名付けで、避けてほしい名前。考慮すべきこと。

赤ちゃんの名前をつけるのは、親の特権(?)でもありますが、名前自体は子供のものです。自分がその名前だったらどう思うか、周囲はどう見るかも、いちど考えてあげましょう。

とくに以下のような名前の場合は、いったん周りに相談するのも手かと思います。

キラキラネーム

数年前からたびたび話題となっている『キラキラネーム』。

赤ちゃんや子供のうちはかわいいかもしれませんが、中学高校、大学・社会人……と成長してからも、問題ないでしょうか? 子供が成長するにつれ、自分もまわりも気にしないでしょうか。

親はぜったいの自信をもってつけていても、子供もそうかはわかりませんよ。

口元に手を当てて驚く女性
赤ちゃんの名前。キラキラネームに抵抗がない人が5割弱は本当?ミキハウスが2018年12月から2019年1月に、5,086人を対象にある調査を行いました。 それは、赤ちゃんの名付けに関する調査...

当て字。読み方。

読みを重視しすぎて、漢字の意味を考えずに当て字を使うのも控えましょう。

また、漢字の読みについても気をつけて。「心太」は「ところてん」と読む、など、念のためつけようと思った名前に他の読みがないかも確認しましょう。

読みがなと漢字があっていない

漢字の名前に対して、まったく関係ない読みをするお子さんも増えています。

漢字と読みがなとで、二重の意味をもたせたいのかもしれませんが、初対面のかたは一瞬とまどうかも。ある程度漢字の意味と読みに沿った名前をつけたほうが良いです。

海外での呼びやすさ・意味

すでにグローバルな世界を視野に入れているのであれば、海外のかたでも呼びやすい名前のほうが親しまれるかもしれません。

また、海外ではえ?と思われる名前もあるようです。そのあたりも調べておくと安心です。

そのほか

名前の由来などについては、最近はそこまで言われることは減ってきたように思います。たとえば、「ゆな」などが有名ですね。

また、画数が多すぎると、子供が苦労することも。女の子の場合は結婚で姓が変わる可能性があります。どんな姓でも問題ない読みのものを選ぶとよいでしょう。

名前は赤ちゃんへの最初のプレゼント

赤ちゃんへのプレゼント

赤ちゃんの名前は、パパとママからの最初のプレゼントです。時間がかかってしまうかもしれませんが、ぜひ一生もののプレゼントを作ってあげてくださいね。

\子供の年齢に合わせた知育玩具をレンタル/
【飽きさせない・無駄にさせないサービス登場】