出産・新生児準備 妊娠・出産~新生児 子供服・グッズ/安全グッズ 育児・保育(0~6歳)

【一人目・二人目】ベビー布団やベッドは必要か【基本いらない】

2019年2月21日

出産前、いるかいらないかで迷うものって、ありますよね。

今回は迷うであろう、赤ちゃんのお布団まわりについて、わが家のケースをお伝えしたいと思います。

結論から書くと、一人目、二人目共通して、ベビー布団は必要ありません。
(保育園で必要になったものは別)。

なぜ買わなかったのか、一人目と二人目以降の時の状況などもあわせて書いているので、二人目以降をお考えの方はご参考ください。

ベビー布団は一人目買わず、二人目も……

お布団から抜け出す赤ちゃん
最初にも書きましたが、ベビー布団は買いませんでした。

ベビー布団を買わなかった理由と、ベビー布団の代用品

喘息やダニアレルギーがあれば、アレルギー対応してあるベビー布団が必要なケースもあるかもしれません。

わが家はそのケースにあたらなかったので、以下のように使い分けていました。

  • リビング
    座布団の上にバスタオルなどを敷いて寝せていた
  • 寝室(夜・お昼寝)
    座布団を並べて寝せたり、少し大きくなったら、大人用のお布団で寝せていた
    ※二人目については、最初はベビーベッド(後述参照)

寝室のお布団について

大人用のお布団とはいえ、赤ちゃんは小さいので、実際はママと同じお布団で一緒に寝ていました。
そのほうが、何かあったときにも、すぐに気づいたので良かったです。

注意

ただし、添い乳や授乳時のときなど、疲れきってそのまま寝てしまい、赤ちゃんの口を塞いでしまう事例もあるようです。

そのほか、寝相で赤ちゃんの上に乗ってしまう可能性があるひとは、かならず赤ちゃんとは一定の距離を保つ(布団を分ける)ようにしましょう。

二人目が生まれたときに、大人用シングルの敷布団を買い足しました。
結果、3つの大人用のシングル敷布団をならべて4人で並んで寝ていましたが、まったく問題なし。

ベビー布団を買うくらいなら、大人のシングル布団を買ったほうが良いです。

すぐに大きくなりますし、おそらく3歳くらいになったら小さく感じると思います。

ただし、大人用のお布団を使う場合は、以下の注意が必要です。

  1. クッション性の高いもの
  2. 大人用の掛布団(とくに羽毛布団)

クッション性の高いものは、うつぶせになると口がふさがる可能性があります。
大人用の掛布団も、寝返りなどで布団を避ける力ないため、顔に布団がかかると危ないです。
なんでも大人用のものを使うときは注意が必要です。

掛布団について

掛け布団は、夏は少し大きめのバスタオル冬はブランケットか毛布+羽毛布団

わたしのときは、0歳で羽毛布団を使うときは大人と一緒に寝るときのみにしていました。

横向きで腕を赤ちゃんを抱えこむようにしてから、羽毛布団を口元にかからないようにします。
また、寝返りしてもすぐ気づけるようにしていました。(ただ、ママの腕が赤ちゃんを圧迫したり口を塞いだりする可能性があるひとには、おすすめしない方法ではあります……)

夏冬関係なく、赤ちゃんが寝返りできるようになってからは、しょっちゅうお布団が顔にかかっていないか、確認していました。

たとえベビー布団を買っていたとしても100%大丈夫かはわからないので、同じように確認していたかも。

ベビーベッドは一人目使わず、二人目レンタル

ベビーベッド
ベビーベッドについては、一人目と二人目の状況が違いました。

一人目のとき、ベビーベッドは使ったのか

ベビーベッドは買いませんでした。

ペットもいないし、家も狭く場所をとるだけと感じて、レンタルもしませんでした。
結局使わなくても問題ありませんでした。

二人目のとき、ベビーベッドは使ったのか

一人目がまだ小さかったこともあり、安全面を考えてレンタルしました

ベビー布団のところでも書きましたが、リビングでは座布団(+ゲート)を使っていました。

ベビーベッドは、ゲージとマットだけをレンタル
持っていた防水シーツの上にバスタオルをかけてシーツ代わりにし、掛け布団は自宅にあるブランケット(できれば、毛羽立ちが少ないもの)などを使いました。

1か月の里帰りをしたので、まずはそちらで1か月レンタルを手配。
そして自宅にもどる前に別サービスで3か月レンタルし、夫に設置してもらっておきました。

レンタル終了後はママといっしょのお布団で赤ちゃんを寝せていました。

ポイント

上の子がやんちゃであったり、ペットがいるご家庭であれば、ベビーベッドなどはあったほうが安全かも。

ただ、赤ちゃんが立つようになると、うっかり落ちたり危険を伴うため、ちゃんと対象年齢のベッドを用意することと、ゲージはしめること、ベッドの中に登れるようなものをおかないよう気をつけてください。

ベビーベッドはレンタルするべきか、購入するべきか

ベビーベッドをレンタルするか買うか考えたときは、お住まいの間取りやスペースをよく考えてみましょう

レンタルの場合は長く借りれば借りるほど値段もかかるし、二人目を予定しているなら買ったほうが安い?と思うことも。

しかし、購入した場合は、二人目が生まれるまでの間に片付けるスペースも必要となります

もう使わないときは処分費用もかかるので、レンタルのほうが手軽だったりもします。

なにを選んでも、赤ちゃんの様子をこまめに確認することが大事

大人用布団・羽毛布団もわが家では使いましたが、危険はそれなりにあると思います。

すこしでも赤ちゃんが危ないと感じるのであれば、
ベビー布団もベビーベッドなど、やはり専用のちゃんとした製品を用意しましょう。

ただ、どんな布団であれ、赤ちゃんが手足をバタバタさせて、お布団が顔近くに移動することもあります。

なにを選ぶにしても赤ちゃんに問題がないか、こまめに確認をしてくださいね。

-出産・新生児準備, 妊娠・出産~新生児, 子供服・グッズ/安全グッズ, 育児・保育(0~6歳)
-, , , , , , , , ,

Copyright© とはのーと , 2019 All Rights Reserved.