出産・新生児準備 妊娠・出産~新生児

【リスト】出産前に準備できる新生児・赤ちゃんに必要なもの

2019年2月3日

産後すぐに子育てが始まります。すぐに赤ちゃんのお世話ができるよう、最低限のものは揃えておきましょう。

大体産後~3か月までに必要となったもの、準備しておいて良かったものをお伝えします。

赤ちゃんのための授乳グッズ

まず大切なのは授乳グッズです。
母乳育児を予定している人も、かならず用意しておきましょう。

ミルク

最初母乳はすぐに出ないこともあり、赤ちゃんがお腹を空かせてしまいます。
少量タイプもあるので、すこしでも用意しておくと安心です。

どのブランドを選ぶかについては、商品説明や価格を見て、総合的に判断して良いでしょう。


乳アレルギーがある場合は、おそらく出産病院の母乳指導時にわかると思うので、その場合は病院の指導のもと、母乳やアレルギー対応のミルクをあげてください。

とはいえ、出産前にはアレルギーがあるかどうかはわからないので、無駄になるかもしれませんが、ひとつは買っておいたほうが良いでしょう。

哺乳瓶

完全ミルクや母乳とミルクの混合を考えている人は、哺乳瓶はできれば2本準備しましょう。哺乳瓶サイズはSS。

もしも、完全母乳(完母)や、混合から完母への移行を望んでいるのであれば、『母乳相談室』の哺乳瓶を使用すると良いでしょう。


通常の哺乳瓶だと柔らかく飲みやすいため、哺乳瓶に慣れてしまうと、まだ母乳が出づらいママのおっぱいを受け入れないといった懸念もあります。

対して、「母乳相談室」は、母乳育児指導の桶谷式の哺乳瓶で、ほかの哺乳瓶の吸い口よりやや硬め。あえてそうすることで、赤ちゃんの吸う力を鍛えるとともに、ママのおっぱいの拒否を防ぐ効果もあります。

哺乳瓶除菌グッズ

哺乳瓶除菌用のグッズも買っておくと便利。

使いやすいのは電子レンズで除菌するタイプです。
小さい電子レンジだと使えないので、サイズを確認してから買いましょう。

ちなみに、わたしは下のコンビの製品を使っていました。
もともと先輩ママに紹介してもらった製品だったのですが、たしかに使いやすくて、二人目の子供を出産したあともフル稼働していました。

授乳クッション

母乳でもミルクでも、授乳の時は持っていないといけないもののひとつです。

お出かけ時など授乳クッションがないまま授乳したとき、そのありがたさがわかるほど。もし使わないと、腰や腕を痛めるし、赤ちゃんもおそらく飲みづらくてツライと思います……。

3,000円程度で買えるので、ぜひ準備しておいてください。

ガーゼ


口元を拭くガーゼも買っておきましょう。アカチャンホンポなどでは、10枚まとめて1000円以下で売っていますし、Amazonでも5枚くらいで売っています。

赤ちゃんの洋服

生まれたばかりの赤ちゃんの様子
つぎに必要なのが、赤ちゃんの洋服。
赤ちゃんの洋服は、

暑い時期:短肌着1枚、もしくは短肌着+コンビ肌着
寒い時期:長肌着、もしくはコンビ肌着+ドレスオール

個人的に長肌着よりかは、コンビ肌着(スナップ付き)が良いです。
理由は足を折り曲げていたり、時折バタバタするので、スナップがないとすぐにはだけるから。短肌着は良いけれど長肌着はしょっちゅうめくれていました。

短肌着とコンビ肌着はセットで売っているので、最低2セットは買っておくと安心です。
女の子用だとこんな感じです。↓


男の子だとこんな感じ ↓


寒い時期(冬)のドレスオールは、ツーウェイオールがおすすめ。
生まれた直後は本当に小さく、50cmの服でもぶかぶか。そのため、生まれた直後はベビードレス型で足をおおうように使いましょう。少し成長したら、足に合わせてスナップを留めてズボンのよう使うと良いですよ。

「ツーウェイオール」商品一覧 / Amazon

洋服の購入場所について

買う場所はAmazonでも良いですが、まとめて買うのであれば、アカチャンホンポなどを利用されるほうが良いかと思います。
洋服に限らず、単価の安いもの(あとで説明するハンガーなど)は、アカチャンホンポや西松屋といった子供服専用サイトのほうが、いろいろとそろっているし、まとめて買えば送料も無料になります。

短肌着/アカチャンホンポ

コンビ肌着/アカチャンホンポ

新生児服/アカチャンホンポ

どのくらいの枚数が必要?

どの服も5枚以上は準備しておきましょう。1日2~3回着替えるし、汗をかきやすく吐き戻しがある場合は、それ以上の回数着替えることもあります。
余裕を持って準備しておきましょう。

洗濯グッズ

ガーゼも洋服も、もちろん洗濯しますよね。

赤ちゃん用のベビーハンガーも用意しておきましょう。
大体5~10本くらいまとめて売っているので、それを買えば十分。

Amazonだと送料かかるので、たとえば楽天の西松屋、アカチャンホンポのサイトで、先ほど紹介した赤ちゃんの服などととまとめて買ったほうが良いかもしれません。(もしくは、実店舗)

ベビーハンガー/アカチャンホンポ

ガーゼは、幅の狭い洗濯物も干せるピンチハンガーを持っているなら、それで十分。持っていないかったり、持っているものでは足りなら、ひとつ追加しておきましょう。

おむつグッズ

新生児用のおむつと、おしりふきを用意しておきましょう。

こまめに変えるため、おむつはすぐなくなります。大体おむつが半分なくなったら買い足していくと良いでしょう。
ただ、最初のうちはどのメーカーがよいかわからないと思います。どのメーカーでも大丈夫なときもありますが、まずは1パックだけ買っておきましょう。

また、成長が早いので、何パックもまとめて買いすぎると、急にサイズが合わなくなることも。まとめ買いはほどほどにとどめてください。

おむつ製品については、下記にまとめたので確認してください。

https://tohano.com/baby-omutsu_koukan/

移動手段グッズ(抱っこ紐・ベビーカー)

1か月検診になったら、病院に行く必要が出てきます。その時の移動手段を考えておきましょう。抱っこ紐・ベビーカーのどちらかは準備しておきましょう。

抱っこ紐

抱っこ紐については、わたしは3ブランド使ったことがあります。

その結果、エルゴがとくにおすすめでした。

エルゴ以外だと、肩がとても痛くて、途中でギブアップ。
新生児のときであれば、軽いのでそこまで違いは感じないと思いますが、赤ちゃんが成長にするにつれ、その違いが顕著に表れてきます

もしも長期利用を考えているのであれば、エルゴがおすすめです。

エルゴ製品によっては、生後3か月までは別売のインファント インサートが必要になる場合があります。
買うときはしっかりと確認してから、かならず正規店で購入しましょう。
※でも調べてみたところ、現在では「インファント インサート」を使う製品は出ていないみたいですね。新生児から使える製品が主流みたいです。(羨ましい)

ちなみ買うときは、かならず正規取引店舗で選んでください。

だいたいどこの正規取引店舗でも、1~2品をセール品として出店しています。
デザインにこだわりがないのであれば、そこから選ぶとお得です。
個人的にオンラインで買うなら、楽天やYahooの正規取引店舗がおすすめ。
理由は、

  1. 楽天に登録していれば買える(別途オンラインで会員登録する必要がない)
  2. 楽天やヤフーショッピングのポイントがつく
    (楽天ならスーパーセール中だと、さらにポイントがつく)
  3. 抱っこひもを買うと、ちょっとした特典がつくことが多い(意外に使えるものばかり)
  4. 正規取引店舗だから、保証期間もしっかりしている

もし楽天やヤフーショッピングなら、以下のプレミアム店を調べてみてくださいね。

エルゴベビーの正規取引店舗

正規取引店舗は、エルゴベビー公式ページでも確認できます。
そのなかでもおすすめのオンライン店舗をご紹介します。

『Brilliant Baby(ブリリアントベビー)』のエルゴベビー売場
【楽天市場】 / (ヤフーショッピング店はなし)

『ベビーアリス』のエルゴベビー売場
【楽天市場】 / 【ヤフーショッピング】

『Twinkle Funny』のエルゴベビー売場
【楽天市場】 / 【ヤフーショッピング】

『ベビスマ』のエルゴベビー売場
【楽天市場】 / 【ヤフーショッピング】

どこの店舗を選ぶか、値段とデザインにこだわりがないようであれば、特典で選んでみると良いですよ。

ちなみにわたしはブリリアントベビーの楽天市場店で購入しました。
わたしはブリリアントベビーの収納ポーチとよだれパッド(当時はあおむしのデザインがあって、それが欲しかった)狙いでした。
この2つはずっと活躍してくれましたよ。おすすめです。

ベビーカー(A型)

ベビーカーにはA型とB型があります。

1か月から使えるのは「A型ベビーカー」で、赤ちゃんが寝かせた状態で使えるのが特徴です。しっかりしている分、大型(重い)で子供が成長したときに扱いづらい傾向があります。

ちなみに「B型ベビーカー」は7か月から使えるもので、A型に比べるとコンパクトで軽量。その分、A型ベビーカーに比べると若干揺れたり、居心地が悪いとぐずる赤ちゃんもいます。

個人的には抱っこ紐のほうが、なにかと小回りもきくし、使いやすかったです。ベビーカーは3か月くらいのときにレンタルしてみたのですが、毎回大泣きしたため、ほとんど使いませんでした。(下の子のときは喜んでいたので、子供によると思いますが……)

その他

1か月後には「お宮参り」がありますね。どこでおこなうか、食事はどうするかなど、出産前にある程度予定を立てておくと良いと思います。

お宮参りに着る服も必要です。赤ちゃんの服はアカチャンホンポなどで、新生児用のベビードレスセットが売っていると思うので、それを使いましょう。

「パパ・ママ和装。赤ちゃんももちろん和装を着せる!写真館でも写真を撮る」など、こだわりがなければ、そこまで高いものは必要ないかと……。大体3,000円~5,000円くらいなもので十分です。

お宮参り衣装/アカチャンホンポ

わが家は1着を、親類で使いまわしていました……。
赤ちゃん一人につき、一回しか使わない服なので、親類や知人が了承するなら借りてしまっても良いかと思います。
ただ、人によっては記念にしておきたいこともあるので、お宮参りの衣装に限らず、赤ちゃん製品はこちらから気軽に貸してとか、頂戴とかと言わないよう注意してくださいね。

また、お風呂グッズも必要です。沐浴用のグッズも用意しておきましょう。
お風呂については、以下でまとめています。
↓↓↓

https://tohano.com/baby_mokuyoku_goods/

準備する時期

安定期が過ぎたあたりから、リサーチとともに少しずつ揃えていきましょう。

出産が早まったり、出産まで入院になってしまったという声もすくなくありません。できれば、出産予定日の3ヶ月くらい前には半分以上、2ヶ月前までにはある程度揃えておくと安心です。

ただし、妊娠中はくれぐれも無理しないで、ゆっくり準備していってくださいね。

(情報が足りないところもあるので、随時書き出したり、別ページにて詳しくご案内できたらと思います)

-出産・新生児準備, 妊娠・出産~新生児
-, , , , , ,

Copyright© とはのーと , 2019 All Rights Reserved.