保育園

【保育園】春・夏・秋・冬の普段着。失敗しない選び方

保育園が決まったら、子供の服を準備する必要があります。

入園の案内が書かれた書類に、大まかな説明があると思いますが、中にはそこに載っていないNG条件も……。

園によって条件は違うかもしれませんが、わたしが通った保育園の例をまとめました。

保育園のジャンパーやアウター、靴。失敗しない選び方と購入場所保育園の防寒着・アウター(ジャンパーやダウン)や靴など。失敗のない選び方や、どこで揃えるかなどの情報をまとめました。...

保育園の子供服:Tシャツ編

仲良しな幼児服は基本的に、Tシャツ、肌着、ズボンです。
季節・気候によって、厚さや丈を変えます。

まずはTシャツから紹介します。

春の保育園の服装

普通の厚み、もしくは薄手の長袖を準備しましょう。

まだ肌寒い日もあるときは、厚手の長袖(裏起毛ではないもの)。
暑い日が増えてきたときは、7部丈〜半袖を1〜2枚くらい保育園にストック(置いておく)します。

夏の保育園の服装

半袖や袖無し(ノースリーブ)を選びましょう。

春や秋への移り変わり時期など、肌寒い日があるときは、7部丈から長袖を1〜2枚程度、保育園にストックしておきます。

秋の保育園の服装

薄手、もしくは普通の厚みがある長袖を準備しましょう。

まだ暑い日がある時は、7部丈から半袖。肌寒い日が増えてきたときは厚手の長袖を1〜2枚ストックします。

冬の服装

厚手、もしくは普通の厚みがある長袖を準備しましょう。

保育園は暖房がかなりきいているので、暑くなることも。
そのため、園での着替えは普通の長袖を基本とし、
念のため厚手のもの(裏起毛はNG)も1〜2枚置いてください、と指示されました。

これはダメ? 保育園から避けてほしいと言われたTシャツ

バツ印を持つ女性保育園で避けてほしいと言われた洋服を紹介します。
地域によって差はあると思うので、一例として見てもらえたらと思います。

裏起毛

上にも書きましたが、保育園の中は暖房で暑くなるので、裏起毛は避けるよう言われました。
気になるようであれば、1枚くらいはストックしても良いですが、基本普通の長袖でした。

ただ、真冬などはさすがに寒そうですよね……。
そのため、登園時に着てくるのは問題ありませんでした。
暑そうにしていたら、ストックのもので調節してくれました。

ボタンがあるもの・ブラウス

ブラウスなど、穴にボタンを入れるタイプはNGです。
子供が自分でできない可能性も高く、時間もかかるので、そういったものは避けましょう。

プラスチックのスナップボタンがついているものも多いですね。
これは肩の位置に2個くらいついているものであれば、問題ありませんでした

※ただし、(担任)先生によって問題なしとする場合と、避けるよう言われた場合がありました。
(私立の認可保育園だと、細かい決まりは担任ごとに判断しているのかもしれません。)
迷うときは、できる限りボタンはないほうが良いようです。

とくに一人でお着替えをする時期(2歳時後半)からは、スナップボタンも避けましょう。

丈の長いもの

ワンピースやおしりが隠れる丈はNG。
おへそが少し隠れるくらいが無難のようです。

NGの理由は、トイレに行くようになったときに、裾が長いと濡れてしまう可能性が高いこと
また、足がひっかかって転びやすいこと遊具にひっかかる可能性があることも理由に挙げられます。

また、袖も長過ぎるものはNGとされました。
折れば良い時もありましたが、基本折る必要があるものは、仮縫いをすすめられます。

ロンパース

ロンパースや肌着乳幼児の場合、一体型の服もすくなくありません。
しかし、保育園では基本セパレートの服を推奨されます。

ただし、お子さんが小さくて、セパレートは難しい場合は、ロンパース型でも良いと言われるかもしれないので、保育園に確認してみてくださいね。

生地が硬いもの

たとえば腕を通しにくかったり、ネック型など頭を出すのが困難なものはNGとなります。

保育園の子供服:肌着編

Tシャツやズボンに比べると、肌着の決まりごとは少ないです。

春・夏・秋・冬の肌着

基本的に、半袖の肌着を準備します。

ただ、夏の暑い時期は、タンクトップでも問題なかったです

これはダメ? 保育園から避けてほしいと言われた肌着

長袖の肌着はNGでした。

冬の寒い時期でも肌着以外のもの(Tシャツや防寒着など)で調整するため、基本半袖を持ってくるよう言われました。

また、乳幼児であっても、肌着は一体型のロンパースではなく、セパレートした肌着でと指示されました。
Tシャツと同じく、お子さんがまだ小さくてセパレートすら着せるのは難しい場合は、保育園に相談をしてください。

保育園の子供服:ズボン編

最後にズボン。
ズボンは年齢やお子さんが自分でできるかどうかで、判断がわかれるようです。

春・夏・秋・冬のズボン

基本的に、長ズボンを準備します。

ただ、夏など暑い時期は、7部丈でも平気でした。

これはダメ? 保育園から避けてほしいと言われたズボン

裏起毛

Tシャツとかぶりますが、保育園は暖房がかなりきいている可能性があり、子供が暑くなりすぎてしまうため、基本避けてほしいと言われました

ただ、モコモコではなく、起毛が少しあるかな?くらいのものであれば、問題ないとするケースもありました。

ジーンズ・硬いズボン

子供が脱ぎ履きしづらいため、NGです。

ただし年長さんであれば問題なく履ける場合もあり、かたすぎないジーンズであればOKになることも。

ボタン・ジッパー

子供服でボタン・ジッパーが付いているものは少ないと思いますが、これはNGです。

保育園で着るズボンであれば、ゴムのウエストのものを買いましょう。

短パン・膝丈・膝上丈

保育園からは夏の間など膝丈などでも良いと言われましたが、基本避けたほうが良いでしょう。

子供はしょっちゅう転んだり、物にぶつかったりします。
その時、膝丈よりも上だと怪我がすることも
その為、7部丈よりも下の長さにすることをおすすめします。

丈が長すぎるもの

逆に丈が長すぎるものはNGです。
仮縫いなどして、長さを調節するのはOKでした。
ただし、折るだけというのは元に戻りやすいため、NGとする先生もいました。

そのほか、基本的に避けるべきもの

重ね着用の服はNGです。

短パン+スパッツなども、当然ながらダメ。
タートルネックの上に、ポンチョ型の上着を重ねた服などもかわいいですが、週末だけに楽しみましょう。

保育園用の子供服で、失敗しないために&買う場所

まとめ買いをした後に、園からは避けてほしいと言われてショックを受けたことも…。

また、同じサイズでもブランドによっても着心地はさまざま。新しいブランドを買うときは、まずは1〜2枚を購入するに留めましょう。

問題がないことが確認できたら、徐々に継ぎ足していくと良いかもしれませんよ。

買う場所は、小さいうちであれば西友やイオンなどのスーパー系でも十分事足りるでしょう。
そのほか、西松屋やアカチャンホンポだと製品がそろっているので、ここを利用することをおすすめします。

保育園のジャンパーやアウター、靴。失敗しない選び方と購入場所保育園の防寒着・アウター(ジャンパーやダウン)や靴など。失敗のない選び方や、どこで揃えるかなどの情報をまとめました。...
\子供の年齢に合わせた知育玩具をレンタル/
【飽きさせない・無駄にさせないサービス登場】