保育園 子供服・グッズ/安全グッズ 育児・保育(0~6歳)

【保育園】春・夏・秋・冬の服装。失敗しない服の選び方

2019年1月30日

今回紹介すること

  • 保育園の季節ごとの服装(普段着)と組み合わせ
  • 保育園では避けるべき服装(NG)
  • 保育園用に使えた服。購入場所・サイト紹介

こんにちは、とはのです。

保育園が決まったら、通園用の服を用意すると思うのですが、服によっては保育園でNGとなるケースがあることをご存知ですか?

入園のときに渡される書類に、必要なものとして大まかな説明があると思いますが、じつはそこには載っていない細かい保育園ルールがあるのです。

  • 「服なら普段から着ているこれでOK」
  • 「かわいい服たくさん買っちゃった!」

なんて意気込んで持っていったら、「ボタンがたくさんついているので、避けてください」「◯◯はNGです」なんて言われるケースも……。

すこしでもそういったガックリ体験が減らせるよう、わたしの保育園の例をまとめました。
保育園によって条件は違うかもしれませんが、参考にしてみてくださいね。

服は基本的に、Tシャツ、肌着、ズボンです。季節・気候によって、厚さや丈を変えます。

アウターや靴は下記の別記事をご参考ください(^^)

保育園の春の服装

仲良しな幼児

春に着るトップス(シャツ・肌着)

保育園に着ていく春のトップスは、普通の厚手、もしくは薄手の長袖を選びましょう。

まだ肌寒い日もあるときは、厚手の長袖(裏起毛ではないもの)。
暑い日が増えてきたときは、7部丈~半袖を1~2枚くらい保育園にストック(置いておく)します。

肌着は基本半袖です。
夏に近づき暑くなってきたら、ノースリーブ(タンクトップ)の肌着にしてもOKでした。

春に着る保育園用のズボン

保育園では春は基本長ズボン。

スカートはNG。ズボンでも裏起毛は基本NGです。

注意

裏起毛と裏毛の違い。

裏起毛ではなく、裏毛は大丈夫でした。
勘違いしやすいのですが、裏起毛は毛が立っているもので、裏毛は裏パイルとも呼ばれ、裏の毛がパイル状に編まれているものです。
裏起毛のほうが、防寒性に優れていますが、保育園では敬遠されます。
寒さが厳しいときは、うーっすら裏起毛があるのでも大丈夫なときはありましたが、基本避けるよう言われました。

保育園の夏の服装

夏に着るトップス(シャツ・肌着)

夏の保育園でのトップスは、半袖や袖無し(ノースリーブ)を選びましょう。

春や秋への移り変わり時期など肌寒い日があるときは、7部丈から長袖を1~2枚程度、保育園にストックしておくと安心です。

肌着は半袖かノースリーブ(タンクトップ)。
風通しの良いメッシュ生地のものを選ぶと良いですよ。

また、ノースリーブ(タンクトップ)型を選ぶときは、肩の部分が紐でないものがおすすめ。紐のものだと伸びてしまい、胸のあたりにだら~んとなることも多いので注意です。

夏に着る保育園用のズボン

夏でもズボンは基本的に長ズボンですが、暑い時期は7部丈や半ズボン・短パンでもOKでした。

ただ、個人的に膝丈やそれより上の丈は避けたほうが良いと思っています

子供はしょっちゅう転んだり、物にぶつかったりします。
その時、膝丈よりも上だと怪我がすることも……。
そのため、夏でも7部丈よりも下の長さのズボンをおすすめします。

保育園の秋の服装

秋に着るトップス(シャツ・肌着)

秋に保育園に着ていく服は、トップスなら薄手、もしくは普通の厚みがある長袖を準備しましょう。

まだ暑い日がある時は、7部丈から半袖。
肌寒い日が増えてきたときは厚手の長袖を1~2枚ストックしておきます。

秋に着る保育園用のズボン

秋の保育園用のズボンは、春と同じで裏起毛なしのズボンが基本
裏起毛ではなく裏毛なら大丈夫だったので、寒さが強くなってきたときは、それらを選んでいました。

保育園の冬の服装

寒さが厳しくなる冬。
登園・降園時を考えると、つい厚着にしてしまいがちですが、保育園の中で過ごすことも考えて用意することが重要なポイントとなります。

冬に着るトップス(シャツ・肌着)

冬のトップスは厚手、もしくは普通の厚みがある長袖を準備しましょう。

保育園は暖房がかなりきいているので、防寒性の高い服装にすると汗だくになってしまう可能性があります。
そのため、保育園での着替えは普通の長袖を基本としてくださいと言われました。

さすがに春や秋に着るような薄手の長袖は寒いので、トレーナーなどがおすすめ
また、春や秋の服装のところでも前述しましたが、裏起毛は基本NG。
裏毛のトレーナーや長袖はOKだったので、それらを選びましょう。

ポイント

裏毛がNGの保育園はあまりないと思います。この時期売っている服は、裏起毛か裏毛のどちらかの服が多いですしね。
(ちなみに裏毛は裏の毛がパイル編みになっているもので、毛はたっていません)

裏毛すらNGを出す可能性が高い保育園の場合は、早い段階で一着だけ買って、問題ないか確認してから買い足すと良いですよ。

あまりに寒いときはうっすら裏起毛があるのもOKでした。ただし、保育園で着替えさせられる可能性が高いので、できるだけ避けたほうが無難です。

(あくまでわたしが通っていた保育園での話です。裏起毛はぜったい避けてほしいとする保育園もあると思うので、一度保育園に確認してくださいね)

肌着についても、長袖を着せたいところですが…
「長袖の肌着はNG」だそうです。ヒートテック機能のものも避けましょう

冬の寒い時期でも肌着以外のもの(Tシャツや防寒着など)で調整するため、基本綿の半袖を持ってくるよう指示されました。

冬に着る保育園用のズボン

冬はほかの季節に着るような薄手のズボンは寒いので、多少厚みのあるズボンを選びましょう。

トップスと同様でモコモコのものや、裏起毛がすごいものは避ける必要があります。(裏毛はOKでした)

保育園ではさけるべき服装(NGな服装)

バツ印を持つ女性
保育園で避けてほしいと言われた洋服を紹介します。
地域によって差はあると思うので、一例として見てもらえたらと思います。

裏起毛(トップス、ズボン共通)

保育園の中は暖房で暑くなるので、基本的に裏起毛は避けた普通の長袖や長ズボンにするよう言われました。

春や冬の服装のところで何度か書きましたが、わたしの保育園では裏毛はOKでした。裏毛は夏以外の季節におおくあります。トレーナーとかは、裏起毛か裏毛仕様なのがほとんどですね。

寒さが厳しいときは、すこしくらいであれば起毛があるものもOKでしたが、保育園ですぐに薄めのものに着替えさせられる可能性が高いです。
ストックの洋服も、裏起毛がないものも用意しておきましょう。

丈や裾の長いもの(トップス、ズボン共通)

トップスは、ワンピースやおしりが隠れる丈はNG。
おへそが少し隠れるくらいが無難のようです。

NGの理由は、トイレに行くようになったときに、裾が長いと濡れてしまう可能性が高いこと
また、足がひっかかって転びやすいこと遊具にひっかかる可能性があることが理由に挙げられます。

トップス、ズボン共通して丈や裾が長過ぎるものはNGとされました。
折れば良い時もありましたが、基本折る必要があるものは、仮縫いをすすめられます。

ボタンがあるもの(トップス、ズボン共通)

ブラウスなど、穴にボタンを入れるタイプはNGです。
子供が自分でできない可能性も高く、時間もかかるので、そういったものは避けましょう。

乳幼児の服だと、プラスチックのスナップボタンがついているものも多いですね。
肩の位置に2個くらいついているものであれば、問題ありませんでした

ただし、一人でお着替えをする時期(2歳時後半)からは、スナップボタンも避けたほうが無難です。

ズボンは、ボタンとジッパーのものは避けてください。保育園で着るズボンは、ゴムのウエストのものを買いましょう。

ロンパース(肌着、服)

ロンパースや肌着
乳幼児の場合、一体型の服もすくなくありません。
しかし、保育園では基本セパレートタイプの服を推奨されます。

もちろん肌着もセパレート

ただし、お子さんが小さくて、セパレートは難しい場合は、ロンパース型でも良いと言われるかもしれないので、保育園に確認してみてくださいね。

生地が硬いもの(トップス、ズボン共通)

たとえば腕を通しにくかったり、ネック型など頭を出すのが困難なものはNGとなります。

ズボンでいえば、かためのジーンズもだめですね。ストレッチがきいている、やわらかジーンズなどはOKになるることも。

丈が短すぎるもの(ズボン)

たとえば短パン・膝丈・膝上丈など。保育園では

保育園からは夏の間は膝丈などでも良いと言われましたが、基本避けたほうが良いでしょう。

子供はしょっちゅう転んだり、物にぶつかったりするので、安全面を考えて、短くても7部丈までとすることをおすすめします。

重ね着(トップス、ズボン共通)

重ね着用の服はNGです。

短パン+スパッツ、スカート+スパッツなどもだめ。スカートとズボン(スパッツ?)が一体になっている服であればOKでした。

保育園用の服。買った場所。おすすめサイト

買う場所は、小さいうちであれば西友やイオンなどのスーパー系でも十分事足りるでしょう。

あとはベビー・キッズ専門店の西松屋やアカチャンホンポなども製品が揃っています。

そのほかユニクロ(ユニクロキッズユニクロベビー)や無印(無印キッズ無印ベビー)もありますね。

個人的におすすめなのが『ベルメゾン』

わが家で外せないショッピングサイトが、ベルメゾン。

わたしの子供はちょっとお腹がぽっちゃりなので、普通の服だとウエストがきついことがあります。
ワンサイズ上を買うと丈が長く、ぴったりサイズを買うとお腹が苦しい…。
すべての商品がそうではないのですが、身長が高くなるにつれ、悩む頻度が多くなっていきました。

そんなジレンマを解決してくれたのが、ベルメゾン。
ベルメゾンはゴムをゆるく作っていることもあり、満足できることが多いです。

また、西松屋やユニクロだとかぶることが多いのですが、ベルメゾンはかぶることが低く、値段もほかのサイトと同じくらいなのでかなりおすすめです。

トップスやズボンも安いもので1000円くらいから。セール品なら700円とか。

まだ、肌着もおすすめ。
下の商品はよく買う「半袖Tシャツ3枚セット」。3枚で1000円です。単色3枚、タンクトップ、乳幼児サイズも取り揃えてあるので便利です。

近くの量販店で買ったり選んだりする暇がないときは、通勤時間を利用してベルメゾンで買っていました。

購入金額が5000円以上になれば、送料も無料。数着買えばすぐに5000円になるし、子供服以外もおいているので、そこまでハードルも高くないです。

おすすめ!!

ベルメゾンのベビーサイズはこちら ↓
【ベルメゾンネット】キュートなベビー服・ベビー用品はコチラから♪

ベルメゾンのキッズサイズはこちら ↓
【ベルメゾンネット】元気いっぱいキッズたちにむけた子供服・子供用品はコチラから♪

保育園の服で、失敗しないためにすること

まとめ買いをした後に、園からは避けてほしいと言われてショックを受けたことも…。

また、同じサイズでもブランドによっても着心地はさまざま。

そのため、新しいブランドを買うときは、まずは1~2枚を購入するに留めることをおすすめしますり

問題がないことが確認できたら、徐々に継ぎ足していくと良いですよ。

あわせて読みたい
保育園のアウターやジャンパー、靴。失敗しない選び方と購入場所

こんにちは、とはのです。 保育園で普段着以外に、必要となるアウター(ジャンパーやダウンなどの防寒着)と靴。 春はどんな上着が必要なのか、冬はどんなダウンでも良いのか、靴もどんなものか、指定されるのかな ...

続きを見る

-保育園, 子供服・グッズ/安全グッズ, 育児・保育(0~6歳)
-, , , , , ,

Copyright© とはのーと , 2019 All Rights Reserved.