出産・新生児準備

【出産前準備】おむつと、便利でおすすめなおむつ交換グッズ

出産前に準備するものとして、赤ちゃんのおむつやおしりふきなどが挙げられます。おむつやおしりふきの選び方から、便利で使えたグッズをご紹介します。

おもに新生児向けの内容となっているので、赤ちゃんを迎え入れる準備をされている方のご参考になればと思います。

必須なもの

当然ながら、「おむつ」と「おしりふき」は必須です。まずはこの2つについてご紹介します。

おむつ

各メーカーから新生児用のおむつが出ています。どれを準備すべきか悩むかと思いますが、最初は好みで選んでも問題ないでしょう。

新生児は肌も弱いので、普通のおむつ以上に肌触りや通気性などを重視して作られているところが多いようです。口コミや特徴などを参考にしてくださいね。

「新生児 おむつ」商品一覧(Amazon)

赤ちゃんが2,500グラム以下の可能性の場合

おむつのサイズは、新生児用として出産後~5kg用のおむつが主流でした。しかし、最近は3kg未満の新生児も多くなってきたせいか、各メーカー3kgまで使える新生児の小さめサイズを販売しています

もしもお子さんが2,500g未満で生まれる可能性があるときは、そちらのおむつも検討の一つとして考えると良いかもしれません。

「新生児 おむつ 小さめ」商品一覧(Amazon)

おむつの1日の消費量と、買い足しタイミング

個人差や時期にもよりますが、おむつを2~3時間ごとに変えるとしたら8~12枚。ただし、ウンチなどをしたらすぐ変える必要があるので、おむつは1日15枚くらいを見積もっておくと安心かもしれません

すぐそばにドラッグストアなどあれば、残り2日分までしかなくなった段階で買い足すと良いですよ。ネットで購入するときは、すこし余裕を持って買うのをおすすめします。

赤ちゃんの成長は驚くほど早く、新生児タイプのおむつは1か月前後で卒業することもあります。成長スピードに合わせて買い足していくと余らせないかもしれません。

(ちなみに、第一子は、生後30日くらいから新生児サイズのおむつがきつくなっていました)

ワンサイズ上を買うときは、いつも購入するタイミングの+1~2日前にワンサイズ上を購入してください。ワンサイズ上を使ってみて合わなければ、元のサイズを使いながら別商品を検討するか、追加で同じサイズを買うか決めると良いです。

メーカーによって、おむつのつくりは異なります。そのため、同じサイズであっても、ほかのメーカーにすれば問題ないケースも。

赤ちゃんによって体型はさまざまなので、一概にどれがベストかはいえませんが、サイズアップ前にメーカーを変えてみるのも手です。

おしりふき

おしりふきも各メーカーが出しています。判断する基準は大きさや価格などありますが、実際使ったものの意見としては「生地の厚さ」に注目してほしいところ。おしりふきは厚手のものが、断然使いやすかったです

理由として、薄手のおしりふきだと、一度に何枚もくっついて出るなど面倒などといったことが挙げられます。

また、本当に薄手のため何枚も重ねて使うため、1枚あたりの価格は厚手に比べて安くても、一度に使う量を考えると差がそこまでない気も……。

厚手でも何枚か重ねて使っていましたが、安心感が違いました。ちなみに5メーカー程度使いましたが、最終的にムーニーの厚手のものをリピートしていました。


ムーニー おしりふき こすらずするりんっ 厚手素材 純水99% 詰替 480枚(60枚×8)

おむつ交換で便利だったもの・おすすめしたいもの

おむつ交換のときに使った、本当におすすめしたいものをお伝えします。持っていて損はないと思います。

便利なおすすめグッズ1:おむつ替えシート

これがあるかないかで、安心感が違います。使い方は、おむつを変えるときに赤ちゃんを仰向けに寝せて、おしりの下におむつ替えシートを敷くだけ。

新生児だと、こちらもまだ手慣れていないため、おむつ交換でモタモタ。そんなときにオシッコされても安心です。新生児はおむつがぶかぶかなので、ウンチが漏れることも多いのですが、これを敷いていればほかの場所にウンチがつくのを防ぐことができます。

わたしはAmazonで2枚1,000円くらいのものを購入。薄いし防水性があるので、外出時はこれを1枚持っていっていました。外出先のお宅やおむつ交換台でのおむつ交換でも安心ですし、衛生面からもおすすめです。

「おむつ替えシート」商品一覧(Amazon)

便利なおすすめグッズ2:おしりふきケースとフタ

おしりふきのケースは自宅用で、フタは外出用に使用。これらのグッズがないと、おしりふきの取り出し口テープを毎回剥がしたりつけたりしないといけないため、ちょっとしたストレスになります。

わたしは最初ケース付きのおしりふきを買い、以降はおしりふきのみを買って詰め替えていました。


ピジョン おしりナップ やわらか厚手仕上げ ボックス 80枚入

フタは、保育園のおしりふき用と外出用に2つ購入。100円ショップでも売っているので、まずはそちらの物を使用してもOKです。

キャラクターものでも300円くらいなので、子供が成長したら、好きなキャラクターのものにしてあげても良いかもしれません。(はらぺこあおむし買ったら、喜んでいました)


【Amazon.co.jp限定】 Bitatto ウェットシートのふた あおむし 2個

便利なおすすめグッズ3:おむつ用のゴミ袋

使用済みおむつのゴミ袋は、無いと悪臭が広がるため必須。

おすすめは以下のような、おむつ用ゴミ袋。おしっこの使用済みおむつは、丸めてこの袋に入れていました。


ウィズベビー 消臭紙オムツ処理袋 120枚×2個(240枚)

大体使用済みが3枚くらい溜まったら、口をしばりゴミ箱へポイ。3枚溜まるまでは、おむつを入れたら軽く袋を回して口を捻り、においが漏れないようにしていました。

しかし、これだとウンチのときは防ぎきれません。そのため、ウンチのときは「驚異の防臭素材BOS(ボス)」という商品を使っていました。これを使うと、においが激減。

袋サイズはさまざまありますが、おむつがビッグサイズになるまでは「ペット用のSS」サイズで十分でした。もし使用済みオムツを入れるのがキツそうなら、Sサイズとか、ペット用ではないオムツ用のものもあるので、そちらを使ってくださいね。


驚異の防臭素材BOS(ボス) うんちが臭わない袋 SSサイズ大容量100枚入 ペット用うんち処理袋【袋カラー:ブルー】 お散歩やドライブに最適です!

便利なおすすめグッズ4:おむつ用のゴミ箱

ゴミ箱は蓋があるタイプであれば、おむつ専用のものでなくても問題ありません。そこに消臭剤をいれておき、使用済みのおむつを入れたごみ袋を捨てていました。

週2回ゴミ出しできる日があるとして、ゴミ箱はだいたい15リットルくらいの容量はほしいですね。不安なら、まずはどのくらいおむつのゴミがでるか見てから、購入すると良いですよ。

おむつ専用のゴミ箱を買うときの注意

おむつ専用のゴミ箱のなかには、ゴミ箱の中にオムツを入れると自動で袋に包んで、そのままゴミ箱捨ててくれるものもあります。ただし、専用の袋をセットしないといけないなどランニングコストがかかるものや、捨てる際の注意事項があるものもあります。口コミや性能をしっかりとみてから、ご購入されることをおすすめします。

おむつ交換ひとつとって、さまざまな準備が必要

おむつ交換ひとつとっても、いろいろな準備や商品が必要です。これからお子さんを迎えるひとは、実際おむつ交換したら、どんなものが必要となりそうなのか、いちどシュミレーションしながら準備を進めていただけたらと思います(^^)

出産前準備。新生児・赤ちゃんに必要なものリスト新生児・産後すぐの赤ちゃんのためのグッズ一覧です。子供を迎え入れる準備を、順に進めていきましょう。...