出産・新生児準備 妊娠・出産~新生児

出産準備。新生児の沐浴・お風呂グッズ、最低そろえるべきもの

2019年7月15日

新生児の沐浴・お風呂に必要なもの

新生児に必要なもののひとつである、『沐浴グッズ』。

一般的に必要なものと、実際にどんなもの買って使ったのか。その使い方とともにお伝えします。産後すぐに必要となるものなので、出産前にそろえておきましょう。

※ほかに必要な新生児グッズ(出産前にそろえるべきもの)は、こちらにまとめているのでご確認ください。

あわせて読みたい
新生児に必要なもの。準備品~産後揃えるもの・考えるべきこと

産後すぐに子育てが始まります。すぐに赤ちゃんのお世話ができるよう、最低限のものは揃えておきましょう。 大体産後~3か月までに必要となったもの、準備しておいて良か ...

続きを見る

新生児のお風呂。沐浴に必要なもの

沐浴で気持ちよさそうな赤ちゃん

出産前に必要なものは、ざっと書くと下記の5つです。

  1. ベビーバス
  2. ガーゼハンカチ、沐浴ガーゼ
  3. ベビーソープ
  4. ベビーローション

順に見ていきましょう。

ベビーバス(沐浴用のお風呂)

新生児の沐浴用のお風呂(ベビーバス)は、固い形状のハードタイプのものと、空気を入れて膨らますソフトタイプ(エアータイプ)があります。

どこでどう使うかによって、どちらを選ぶかは分かれますが、迷っている場合はAmazonのレビューなどを見て検討すると良いでしょう。

わたしが使ったものと、おすすめ理由。使い方。

わたしが使ったベビーバスは、ソフトタイプ(エアータイプ)。

ソフトタイプの良い点は、

  • 柔らかいので、赤ちゃんが痛くない
  • ハードタイプと違い、空気を抜けばコンパクトになるので、廃棄も楽

ソフトタイプの中でも、わたしが使ったのは西松屋の1000円くらいの製品。

もともとこの製品は先輩ママにおすすめされて使っていました。

1,000円で安価なので気兼ねなく使えるし、上に書いたソフトタイプのメリットの点もあり、使ったわたしもおすすめしたい一品です。

わが家のケース

わたしはこれを洗面台にはめて使っていました。
エアーなので、空気の量によって、柔らかさや大きさを調整できるところがポイント。

シンクで沐浴している赤ちゃん

上の画像だと、ベビーバスはハードタイプのものですが、まさしくこんな感じにシンクにはめて使っていました。

使い方は、

  1. 空気は8割程度にして洗面台やシンクにスポッといれる
  2. お湯をためて赤ちゃんを入れて、順に洗っていく
  3. フチを押して中のお湯(泡)を流していくと同時に、お湯を入れていく
    (お湯の入れ替えが完成)
  4. これを繰り返して、沐浴完了

 

エアータイプを使うときは空気入れ必須

エアータイプを使うときは、空気入れを買っておきましょう。
口で入れるのは無理(ではないけれど、やめたほうが良い)です。

100均の安いやつで十分なので、かならず用意しておきましょう。

ガーゼハンカチ、沐浴ガーゼ

体を冷やさないための大きめのガーゼ(沐浴用のガーゼ)と、体を洗ったり拭いたりするための小さめのガーゼ(ガーゼハンカチ)を用意しましょう。

沐浴ガーゼは2枚。

1日1枚で問題ないですが、念の為予備を持っておいたほうが良いでしょう。

ガーゼハンカチは授乳中や口端を拭くことにも使えるので、4枚以上は用意しておいたほうが良いです。

わが家のケース

わが家では子供がよくミルクの吐き戻ししたので、ガーゼハンカチは1日5枚は使っていました。

 

 

上のようなセット販売をしているところもあるので、ひとつ買っておくと楽です。

ベビーソープ

ベビーソープは石鹸タイプもありますが、泡タイプが断然おすすめです(経験談)。

沐浴をしているときは、赤ちゃんを片手で支えているため、片手のみで洗うことになります。
そのため、泡立てる必要がないものを使うと、スムーズに洗うことができます。

ベビーローション

ベビーローションは、お風呂上がりにかならずつけておきましょう。

最近では乳児用湿疹を防げる効果があるともいわれています。

ベビーソープもベビーローションも、赤ちゃんの肌につけるものについては、合う合わないがあります。

しばらく使ってみて、赤ちゃんの肌に異常が見られたときは、別の製品を試してみてください。

出産後慌てないために、早めに準備を。

沐浴している赤ちゃん

冒頭にも書きましたが、沐浴グッズは出産後すぐに必要になるものです。

女性アイコン(通常)
早産などで急に必要になる可能性もあるので、できれば妊娠後期になる前には揃えておくと安心です

首すわり後、一緒にお風呂はいるときは以下のグッズをご参考ください。

あわせて読みたい
赤ちゃんのお風呂マットはこれ
【結論】赤ちゃん専用のお風呂マットは不要。使うならこれ

赤ちゃんもベビーバスを卒業。そろそろ一緒にお風呂に入ろうかと思ったとき、赤ちゃん専用のお風呂マットを買おうとする方もいるかもしれません。 しかし結論から先に書く ...

続きを見る

出産に対して、まだ漠然とした気持ちしか持っていない人は、一度西松屋やアカチャンホンポなどに行ってみることをおすすめします。
さまざまなグッズがあるので、「これも必要なのかな? あれも買っておいたほうがいいのかな?」など気づくキッカケにもなりますよ。

あわせて読みたい
おむつとおすすめなおむつ交換グッズ
【出産前準備】おむつと、便利でおすすめなおむつ交換グッズ

こんにちは、とはのです。 出産前に準備するものといえば、ミルクや哺乳瓶、洋服からお布団までさまざまですが、今回は【おむつ】についてお伝えします。 実体験を踏まえ ...

続きを見る

また、コロナの影響なのでいろんなところで欠品や不当な値上げが横行しています。
赤ちゃんグッズの一部もそれに影響されています。
ガーゼや母乳パッドなど、買えるところをまとめました。ご参照ください(Amazon以外もいくつか挙げています)

あわせて読みたい
赤ちゃん用品の不足で困る女性
ガーゼや除菌剤など赤ちゃん用品が品薄。ママが知りたい購入場所

こんにちは、とはのです。 日に日にコロナの影響が出ていますが、食料品の値上がりだけではなく、妊婦さんや赤ちゃん・ママのための物資も不足してきている状況になってき ...

続きを見る


女性アイコン(通常)
今回の記事は以上となります。お読みいただいて、ありがとうございました。

ここから下は最近注目されてきている記事の紹介です。
女性アイコン(驚き)
赤ちゃん・子供に安全のお風呂マットの記事、ボードブックは通年人気が高いページです。また、時期的に保育園のアウターや服にも注目が集まっているようです

-出産・新生児準備, 妊娠・出産~新生児
-, , , ,

© 2020 とはのーと