子供服・グッズ/安全グッズ

【結論】赤ちゃん専用のお風呂マットは不要。使うならこれ

赤ちゃんもベビーバスを卒業。そろそろ一緒にお風呂に入ろうかと思ったとき、赤ちゃん専用のお風呂マットを買おうとする方もいるかもしれません。

しかし結論から先に書くと、赤ちゃんを寝かすためだけのお風呂マットであれば不要です。
買うならば、赤ちゃんだけでなく、『子供・大人も使える滑り止め機能があるお風呂マット』です

たとえば、子供が1歳や2歳になったとき、浴槽からは大人が抱えて出入りしますよね。そんなときに滑りそうになるといったヒヤリ・ハットを、防ぐこともできます。
また、お風呂のタイルは固く冷たいので、子供をそのまま座らすのも危ないし寒い。そういった悩みを解消するものもあります。

今回はわたしなりにリサーチした結果、買ったもの。今も使うほどお気に入りの、滑り止め機能があるお風呂マット(浴室用、浴槽用それぞれ)をご紹介します。

お風呂マットを選ぶときの条件もあわせて書いてあるので、検討中の方はご参考にしてください。

今回は首が座ってお風呂を一緒に入るときに使うグッズの話です。沐浴時なら、以下のページにある「お風呂(沐浴用)グッズ」をご参考ください。

出産前準備。新生児・赤ちゃんに必要なものリスト新生児・産後すぐの赤ちゃんのためのグッズ一覧です。子供を迎え入れる準備を、順に進めていきましょう。...

赤ちゃんや子供のお風呂マットはどれが良い? おすすめと選ぶ条件

お風呂を楽しむ子供滑り止め機能があるお風呂マットは、いろいろ種類があります。
お風呂に苦手意識がある赤ちゃんや子供の場合は、好きなキャラクターのもの。とくにこだわりなく、単純に安さを重視など、さまざまな理由で選んだりするかもしれません。

その際、以下に挙げる項目もチェックして買うと、その後の管理が楽になるので、おすすめです。

滑り止め機能付きのお風呂マットを選ぶときの条件

わたしが選んだ条件は以下の内容です。

直立できるもの 使用後どう片付けるかも視野に入れた条件。できれば、使用後にお風呂場で乾かせることもできるもの
抗菌・防カビ お風呂場は、ただでさえ菌やカビが発生しやすい場所。手入れ次第ではカビも生えるかもしれないが、いちおうその性能があるものを優先
クッション性 赤ちゃんや子供が座っても痛くないもの。また、万が一転倒しても、怪我を軽減できるもの

これらの条件にあったものを探しました。

おすすめの滑り止めお風呂マットは『パタッとスノコ』。浴室用として最適


条件の結果、わが家で浴室用として購入し、現在も使っているお風呂マットは『たためる風呂マット「パタッとスノコ」』。これがかなりの優れもの。

  1. やわらか素材で、軽い
  2. 厚みもあり、クッション性が高い
  3. 冬場冷たくない(お風呂場が寒ければ、当然ながら寒いですが、直接床に触れた時の冷たさ・寒さとは段違いです)
  4. お風呂の大きさに合わせて、好きな位置でカットが可能
  5. 3つ折りできるので、使用後はコンパクトにできる

など。

パタッとスノコは、展開サイズが以下のとおり。

レギュラー 60×90
ロング 60×120
ダブル 85×120

わたしはロングサイズを買って、お風呂に合わせて横だけハサミでカットしました。

これを使ったおかげで、子供を直接床に座らすには危ないし、(お風呂暖房もないから)冷たい!といった悩みを解決してくれて、本当に助かっています。

 

また、沐浴を終えて、お風呂デビューする赤ちゃんにもおすすめです。

じつは、わが家はバスチェアも買って持っていたのですが、子供は体がずれて安定しなかったり、プラスチックで冷たかったりして大泣き……わずか数回でお蔵入りしていました。(第一子、第二子、それぞれで試したけど、2人ともダメでした)

しかし、このお風呂マットの上であれば、赤ちゃんも平気。わたしはあぐらをかいた中に赤ちゃんを座らせて洗っていました。赤ちゃんも体制が安定するし、ママに触れていて安心するのか泣きませんでした。

第二子のときもバスチェア要らず。上の子供と下の子供(赤ちゃん)を同時にいれるときも、このお風呂マットだけで十分でした。平日はほぼワンオペでしたが、いけましたよ。

実家にはレギュラーサイズを購入し、帰省時に使うほどお気に入りです。もし同じ状況の悩みがある人がいたら、この商品をおすすめします。

ちなみに防カビ機能がありますが、数年使っていたら、すこしだけカビが生えました。ただ、これはわたしの管理の問題が要因かな。もう少し使ったら買い替えを検討しようと思っています。

浴槽内の滑り止めお風呂マットも、ぜひ用意しておこう

体などを洗う場所以外に、浴槽の滑り止めマットも赤ちゃんや小さい子供がいる家庭には必要となるもの。

次にわたしが選んだ時の条件と、買ったものをお伝えします。

お風呂・浴槽内の滑り止めマット。選ぶときのおすすめ条件

浴槽内の滑り止めマットに挙げた条件は、以下の3つです。

ずれにくい 子供が浴槽内を歩いたりするので、そのときにズレないもの
手入れがカンタン 設置や使用後の片付けに時間がとられるのは避けたい。子育てで慌ただしいときに、時間をとられるようなものはNG
抗菌・防カビ 浴室内の滑り止めお風呂マットと同じ条件。菌やカビが発生しやすい場所なので、できるだけその性能があるもの

おすすめのお風呂・浴槽内の滑り止め・お風呂マットは『オーバルリンク』


大体吸盤があるものが一般的ですが、いろいろ調べた結果、わたしは吸盤がない『オーバルリンク(浴室用マット)』を購入しました。

オーバルリンクは、重さがある滑り止めマットで、吸盤がなくても機能十分に発揮してくれました。

おもに気に入ったことは

  1. 斜めに力を入れたり、踏ん張ったりしてもずれにくい。赤ちゃんや子供を抱えながら浴室の出入りしてもズレにくいので安心(これ重要!
  2. マット自体が重いので、浮かび上がったりしない。お湯がはっている浴槽に入れても、マットが自然と落ちていってくれるため、設置がカンタン。(吸盤型マットだと、お湯がはっているところに入れるのは大変?)
  3. 片付けるのも、とてもカンタン(吸盤型だと外すのが大変?)

(吸盤型は買ったことがないので、レビューなどの意見を参考に気になった点を書いています)

オーバルリンクの難点は、すこし値段が高いこと。一般の吸盤型お風呂マットに比べたら、3倍くらいのお値段です。介護用にも使われるもので、製品自体がしっかりしている分、お高いのかもしれません。

※わたしはMサイズを購入しました。お風呂が大きいのであれば、Lサイズなどもご検討ください。ただし、Lサイズは大きすぎて、重くて大変といった声もあるようです。レビューとご自宅の浴槽を吟味しながら、決めてくださいね。

(2019/5/6追記)
なぜかLサイズのほうが安くなっています。価格は時期やカラーによって異なるのかもしれません。ご検討のかたは、こまめにチェックされると良いかもしれませんね(^^)

ただ、数年使用していますが、カビは一度も生えたことがないし、今も現役で頑張ってくれています(パタッとスノコと同じタイミングで購入しました)。結果、買って大満足だった一品となりました。

赤ちゃん用のお風呂マットは、ご家庭にあった製品選びを。

いかがでしたか? 今回紹介したものは、おもにベビーバスから普通のお風呂に切り替わるタイミングでおすすめしたいものです。

もしベビーバスを使わず、赤ちゃんが1か月たたないタイミングからお風呂場に入れたいのであれば、赤ちゃん専用のお風呂マットを用意しても良いかもしれません。

 

しかし、どちらにせよ、これも「パタッとすのこ」など、クッション性の高いお風呂マットの上に置いて使うことをおすすめします。赤ちゃんが2か月くらいになれば、パタッとすのこだけで十分だと思います。

「やはり赤ちゃん専用のお風呂マットでないと心配」であれば、そちらをご購入くださいね。

いろんな浮き輪
危険! スイマーバや浮き輪をお風呂で使う死亡事故スイマーバや浮き輪を、お風呂で使っていませんか? それはとても危険なので、止めたほうが良いかもしれません。注意喚起や事故などをまとめました。...
眠る赤ちゃん
ネントレ・ねんねトレーニング。寝ない0歳に試した記録ねんねトレーニング(ネントレ)で、安眠ガイドとジーナ式を実践。その結果とおすすめするものを紹介します。...
\子供の年齢に合わせた知育玩具をレンタル/
【飽きさせない・無駄にさせないサービス登場】