絵本・本

2歳児クラス(2歳~3歳)に人気。子供におすすめの厳選絵本

2歳になり、子供はますますパワーアップ。イヤイヤ期に入るお子さんもいるかもしれませんね。ただ、イヤイヤ期でも、大好きな絵本を前にすれば笑顔になる子ばかりです。

今回は2歳から3歳にかけて子供が楽しく読んでいた絵本を紹介します。どれも人気のある絵本なので、すでにご存知の方も多いかもしれません。まだの人は、一回は手にとってもらえたらと思います。

届いたダンボール
2歳の知育玩具やおもちゃ。レンタルしてわかったこと(感想)知育玩具・おもちゃのレンタル【トイサブ】。申し込みから到着。使用の感想まで。検討している人はご参考ください。...

『こねこ9ひきぐーぐーぐー』
作:マイケル グレイニエツさん


並んで寝ている9匹のこねこ。1ページめくるごとに、こねこ起きて……あれれ? どこか行ってしまう。

まだ寝ているのは、何匹かな?
いなくなったこねこは、どこに行っちゃったのかな?

カラフルな色合いと、猫がいなくなる様子が楽しい絵本。残ったこねこを数える作りにもなっています。

ネコが大好きなお子さんはハマる

猫好きの2歳児が夢中になった絵本。1ページめぐるごとに、猫がいなくなったところ指さし「ない!」と興奮して読んでいました。

2歳はまだ数え方で間違えることもありますが、3歳だと正確に数を数えられるようになってくると思います。そういった数え方の練習にもなる絵本ですね。

カラフルな色合いの絵本なので、子供にも受け入れられやすいようです。2歳から3歳の絵本としておすすめしていますが、1歳からでも楽しんで読める作品です。

『かずをかぞえる』
作:五味 太郎さん


数の概念と、物のかぞえ方を教えてくれる絵本。

同じ数でも、かぞえる対象が違えば、かぞえ方も違います。たとえば、「小鳥だと1羽」。では、お花だとなんてかぞえるでしょう。

数が大きいものについては、どう考える? 20という数は、10が2つあるよ。

などといった気づきも教えてくれます。

絵本『かずをかぞえる』のおすすめポイントと、2歳~3歳児の反応

本当は上の子に用意した絵本でしたが、意外にも2歳児がよく読んでいました。イラストに興味をもったようです。

物のかぞえ方などはさすがにまだわかりませんでしたが、指で示す数字の数などを教えるのにも役に立ったかな。

個人的には、この年齢ならまだ数を無理に覚えるようなことはしなくても良いと思います。絵本をとおして、自然と数に慣れ親しんでほしいと思う方にはおすすめの絵本だと思います。

五味さんの絵本は人気があるものばかり

五味さんの絵本は、どれも人気があり、おすすめです。紹介しきれなかったのですが、以下の2冊もとてもおすすめ。

きんぎょが にげた

これはぜひ読んでほしい一冊。

金魚鉢から逃げた金魚はどこかな?

ページをめくるごとに、子供の「ここ、きんぎょ!」といった声が聞こえてきます。1歳から3歳(4歳?)も夢中になる一冊ですよ。

たべたの だあれ

左ページには、「○○○ たべたの だあれ」と書かれた文字。右ページには動物たちが描かれています。

でも、その動物たちのうち、一匹だけおかしなところが……。

だれが食べたかを見つけるゲームができる絵本で、子供もちょうどわかるくらいの難易度。楽しみながら読める絵本で、子供に人気があります。

上の子が下の子(2歳)に対して読んであげるなど、きょうだい児みんなで楽しむ場面もよく見られました。

五味さんは年代に合わせた絵本をいくつも出しているので、絵本選びに困ったら、五味さんの絵本のなかから探してみてくださいね。

『ねずみさんのながいパン』
作:多田ヒロシさん


ねずみさんの身長の何倍もある、ながいなが~いパン。

ねずみさんは、ながいパンを持って、どこ行くのかな?

「このおうちかな?」

次々にあらわれるおうちは、ねずみさんの目的地なのでしょうか?

いろんな動物たちの食卓の様子は、家族団らんのあたたかさを伝えてくれます。

同時に文章ではこまかく状況を書いていないからこそ、より想像力をかきたてられるようなイラストにも注目。読むたびに子供が「ここは、こうだね!」と発見できるような『遊び』を入れてくれている絵本です。



この絵本のおすすめポイントと、2歳~3歳児の反応

ねずみさんの前にあらわれる家は、そのなかに誰がいるのか、すぐにわかるものばかり。

そのため、子供に「この家はだれの家かなー?」と聞くと、元気に動物の名前を挙げてくれます。

家のなかで食事する動物たちは、みんな楽しそうで、家族で食事をとる大切さが伝わってきます

3歳くらいになると、家の中にあるものに興味がいくようです。「これがパパかな? こっちはママだね」「これはなんの料理かな」など、子供と話しながら読み進めていけるのも楽しいですよ。

4歳くらいになると、文字を読めるようになってきているので、ひとりで取り出して一文字ずつ丁寧に読む光景も見られました(^^)。

『かお かお どんなかお』
作:柳原良平さん

「かお かお どんなかお?」

顔の形ができたら、ページをめくってみよう。おこったかお、ないたかお、さまざまな表情が表れます。

顔は1ページに大きく描かれていて、インパクト大。わかりやすい表情の数々に、子供も一緒になって真似します

『いろいろおてがみ』
作:えがしら みちこ さん


お手紙が好きな「はなちゃん」のうちに、お手紙が届きます。

ある日はくろいもようのお手紙。

またある日は、もこもこ ふわふわのお手紙。

だれからかな?

ポストに入っている手紙は、差し出し主の特徴をとらえたお手紙ばかり。「だれからかな?」のメッセージとともに、ページを開くと、差し出した相手とお手紙の内容を見ることができます。

2歳はくり返しが好きなので、手紙が届く → だれからかな? → ○○さんからのお手紙。のくり返しにおもしろさを感じたり、その本の魅力にどんどんひきこまれていくと思います。

おてがみの主はだれ? 2歳児は当てっこがお気に入り

2歳半くらいに読んだ絵本ですが、絵柄もやわらかく、文字数もちょうどよかったのか、とても気に入っていました。ひとりでページをめくりながら「じゃれ(だれ)かなー」とつぶやいて、「んとー……うしさんー!」といって当てっこするのも楽しかったようです。

一度読んでしまえば答えはわかりきっているので、飽きてしまうのかとおもったのですが、定期的に手をとるなど大好きな一冊でした。

『ぺんぎんたいそう』
作:齋藤槙さん

お子さんといっしょにリズムにのって遊ぶなら、「ぺんぎんたいそう」がおすすめ。絵本を楽しむだけでなく、音楽とダンスもできるすぐれもの。

タイトルのとおり、ペンギンが体操している様子が描かれた絵本ですが、その仕草が動物園にいるペンギンの動きを連想させるものばかりです。

また、公式HP(のちほど表記)では『ぺんぎんたいそう』のダンスも公開中。2歳・3歳だけでなく、1歳でも喜んで一緒に踊ることまちがいなし。

絵本 → ダンス → 絵本 → ダンス → …

といったように、くり返し楽しめます。お家にあると喜ばれる一冊です(^^)

絵本『ぺんぎんたいそう』のおすすめポイントと、2歳~3歳児の反応

おすすめポイントは上でも書いてしまったのですが、絵本とあわせた映像があるのも、かなり大きなメリット

『ぺんぎんたいそう』を踊る保育園などもあるように、体操は小さい子でも踊りやすい内容になっています。(踊りは3歳だと簡単すぎるかな?)

子供といっしょに、自宅で親子の楽しいお遊戯時間を取ってもらえたらと思います。

『ぺんぎんたいそう』の絵本や映像については、福音館書店に専用サイトがあります。興味を持った方は、ぜひ覗いてみてくださいね。

「ぺんぎんたいそう | 福音館書店」サイトへ

親子で絵本を読む時間をつくるメリット

図書館

絵本については子供の反応が良かったもの、人気だったものをおすすめとして紹介していますが、お子さんによって興味をもつ絵本は違うかもしれません。

「反応を見てから買いたい」という方は、ぜひ図書館を利用してみてくださいね。絵本はくり返し読んでも飽きることありません。図書館の本でためしてから、ご購入されると確実だと思います。



家事に育児になかなか時間がとれないという方も、1日1回、むずかしければ2日に1回でも、絵本を読む時間を作ってみてください。

絵本の時間は親も子供もほかのことに意識は向かず、ちゃんと絵本に向き合っている時間となります。「ながら育児」や「ながらテレビ」にならない時間をしっかりと作ることは、とても大切。子供も親がしっかりと自分に意識を向いているのに気づくのか、表情もゆたかになります。

言葉の表現や知識の幅も増やしてくれるだけでなく、親子のコミュニケーションの一環として、絵本の時間を定着化するご家庭が増えてくれればと思います。

『きんぎょが にげた』と『たべたの だあれ』は、ほかページで絵さがしの本としても紹介しています。

ご興味のあるかたは、こちらもどうぞ。

2歳前後からおすすめしたい。絵さがしや言葉の絵本2歳くらいからおすすめしたい、絵さがし絵本や言葉の本をご紹介。言葉やものの名前を楽しく覚えられますよ。...
\子供の年齢に合わせた知育玩具をレンタル/
【飽きさせない・無駄にさせないサービス登場】