おでかけ・スポット 育児・保育(0~6歳)

【夏休み】赤ちゃんや子供との旅行や宿泊なら、「ベビ宿」へ

2019年6月6日

旅館に泊まる姉妹

最近では子供歓迎とするホテルや宿が増えてきました。

しかし、幼児ではなく赤ちゃんだと、「いくら子供歓迎でも良いのかな……」と不安になったりしませんか?

また、「子供歓迎」とひとくちに言っても、サービスレベルはさまざま。

でも、もし不安に思って、夏休みや連休のせっかくのお泊まりやお出かけの機会を遠慮しているなら、ぜひ試してもらいたいサイトがあります。

それは『ベビ宿』。

今回はそれがどんな検索サイトなのか、なぜ赤ちゃん連れの方におすすめしたいのかをお伝えします。(もちろん、赤ちゃんがいないご家庭にもおすすめです)

夏休みのおでかけに。赤ちゃんや子供と宿泊の検索サイト

夏休みや連休、赤ちゃんや小さなお子さん連れで旅行に出かけるのであれば、使ってほしい検索サイトかあります。

それは、『ウェルカムベビーのお宿』(勝手に略して『ベビ宿』)と呼ばれるサイト。

サイトの名前からもわかるとおり、「ウェルカムベビー」と公言している宿ばかりが掲載されています。

まずは、『ウェルカムベビーのお宿』について、どんなサイトなのか、どういう基準で選ばれているのかなどを紹介します。

【参考サイト】
ウェルカムベビーのお宿 / ミキハウス子育て総研
https://facility.happy-note.com/

『ウェルカムベビーのお宿』は、どんなサイトなのか

ウェルカムベビーのお宿』は、ミキハウス子育て総研株式会社が運営している宿泊先検索サイトです。

そこで紹介するホテル、旅館、温泉宿などは、ミキハウス子育て総研株式会社の条件にクリアしたところしか紹介されていません。

条件は、

  • ミキハウス子育て総研株式会社の趣旨に賛同しているか
  • ミキハウス子育て総研株式会社が規定する認定基準、全100項目中70項目以上をみたしているか

の2つです。

「ミキハウス子育て総研株式会社の趣旨」とは?

ざっくりいうと、

子育て中の家族をリフレッシュさせたい。そのために赤ちゃん・子どものいる子育てファミリーにとって安心した宿泊先を提供させたい

といったものです。

認定基準にはどんな項目がある?

チェックする人

認定基準は全部で100項目。

チェックする項目は、たとえば

  • 部屋であれば、ハイハイしても大丈夫なよう、内装の材質が安全なものか。コーナーは尖っていないか。指などがはさみにくい配慮がしてあるか。
  • サービス面では、絵本やDVD、ベビーカーの貸し出しはあるか。
  • 食事面では、アレルギーや離乳食対応はしているか。

などが挙げられます。

室内では赤ちゃんを自由にさせたいご家族にとって、ちゃんとしたチェック基準があるのは嬉しいですね。

また、旅行時の移動は大変。できるだけ身軽で行きたいし、現地に行ってからベビーカーが必要になることも。そんなとき貸出サービスがあると助かります。

ちなみに、施設側はこれらがすべて満たしているわけではなく、この中の70項目以上を満たしていれば、認定基準に達しているとされています。

『ウェルカムベビーのお宿』をおすすめする理由

数ある宿泊サイトと比べて、なぜこのサイトをおすすめするのかの理由をお伝えします。

おすすめする理由1:信頼性の高い「赤ちゃん・子供歓迎」

掲載している施設はすべて、さきほど書いたミキハウス子育て総研株式会社の趣旨に賛同し、条件をクリアしたところです。

施設側の基準で「子供歓迎」と銘打っておらず、第三者機関をとおして正当な評価によるものなので、サービス基準も一定レベルを超えており、信頼性も高い場所ばかり。

「子供歓迎」と書かれているのに、行ってみたらがっくりだった。

夏休みの思い出が台無しになった……。

そういった心配が少ないのも、おすすめポイントです。

おすすめする理由2:豊富な写真掲載

掲載している情報は、利用者が気になるポイントに重点を置いています。

写真も大きめで、室内の様子もわかりやすい。フォトギャラリーもあり、しっかりとアピールポイントも書かれています。

検索サイトによっては、肝心の赤ちゃんや子供におすすめする部屋の写真があまりなく、わからないこともありますが、ベビ宿ではそういったこともありません。

おすすめする理由3:赤ちゃんや子供連れプランのサービスの充実

旅館の室内を走る子供「ウェルカムベビーのお宿」だけあって、写真だけでなく「赤ちゃんや子供連れ向け」のプランがとても細かく書かれています。

おむつやお尻拭きを提供してくれる宿も多いし、ベッドのところはベッドガードを貸し出してくれるところもあったり。

赤ちゃんや子供連れ家族に協力的な印象を受ける宿ばかりなので、安心できますね。

【補足】ほかサイトでも、見ることができる

ちなみに、楽天トラベルやるるぶなどでも、「ウェルカムベビーのお宿」の掲載施設をみることができます。

ただ、サイトデザインも違うし、見やすさはウェルカムベビーのお宿サイトが一番見やすいです。

代わりに、料金の比較などをしたいのであれば、ほかサイトのほうが優れています。

『ウェルカムベビーのお宿』で少し残念なところ

このサイトで残念だと思うことは、「圧倒的に登録施設数が少ない」ということです。

  • 2008年に立ち上げたサイトで、まだサイト自体の認知が少ない
  • 大々的にサイトの広告・プロモーションしていない
  • 掲載料が高い(無料?)
  • 施設側がそこまで「赤ちゃん・子供歓迎」のみに力をいれる必要はないと思っている

などが可能性として考えられますが、実際はどうなんでしょう……。

使い始めると、本当に良いサイトなので、もう少し認知度が増えて、施設も増えたら良いと思います。

赤ちゃんと子供と、夏休みや連休は後悔なくすごそう

赤ちゃんや子供の成長はあっという間。たとえ同じ場所に行っても、1歳と2歳で感じることはまったく違うはずです。

だからこそ、毎年の夏休みや家族旅行は、後悔のないように行きたいですね。

どこに行くか迷っている方は、ぜひ使ってみてください。

【参考サイト】
ウェルカムベビーのお宿 / ミキハウス子育て総研
https://facility.happy-note.com/

-おでかけ・スポット, 育児・保育(0~6歳)
-, , , , ,

Copyright© とはのーと , 2019 All Rights Reserved.