保育園 小学校(6歳~12歳) 育児・保育(0~6歳) 子供服・グッズ/安全グッズ 持ち物・揃えるもの

小学生・保育園児の子供靴★雨の日も履ける、メッシュ以外の靴/買い足したもの

小学生/保育園児の子供靴 雨の日も履ける!メッシュ以外の靴

こんにちは、とはのです。

子供の靴は定期的に買い足していたのですが、気がつけばだいたいメッシュ生地のものばかり。
通気性の良さを考えてのことかもしれないのですが、私が買っているAmazonではそういった製品が多かったです。

今回は子供が「雨の日でも履ける靴(すぐに雨が染み込まない靴)が欲しい」といったのをきっかけに、探したメッシュ生地以外の靴をお伝えします。

女性アイコン(通常)
また、以前保育園の靴を紹介したところ、その後どんな靴を買っているのかも聞かれたことがあったので、参考までにそれらの靴も紹介します。そちらはメッシュ靴が多いのでご注意を

ページを見る前の留意点

商品については、時期や色によって欠品・生産中止・当時と比べて価格が高くなっているかもしれません。あくまで参考程度に確認ください。

また、基本私はAmazonで試着&購入しているので、Amazonへのリンクばかりとなっています。値段は2000円~3000円台を目安。高くても3400円くらいで購入しています。

女性アイコン(通常)
ちなみに、私はAmazonのプライム会員。試着はPrime Try Before You Buy(旧:プライムワードローブ)を利用しています
プライム会員は年会費がかかるので敬遠されがち。私も入る前は結構渋っていましたが、会員になるといろんな特典が受けれるのでおすすめです。無理強いしませんが、子供の靴を買う・試着したいのであれば、検討したほうが良いと思います
女性アイコン2(笑顔)

Amazonでは2か月に1~2回程度セールやキャンペーンをやっています。
そのときにキッズ用ファッション(靴・リュック含む)はかなり安くなったり、10%オフクーポンが発行されることがあるので、できればそのタイミングを狙うとおすすめです。

雨の日にも!メッシュ素材以外の靴

まずは雨の日でも履ける、メッシュ素材ではない靴を紹介します。
完全防水のものではないので、濡れない!染み込まない!というわけではないですが、メッシュ素材のものよりかは断然染み込みづらいはずです。

シュンソクのスニーカー

まずはシュンソクのスニーカー。
サイズは19~24.5cm、色は「ブラック、ホワイト、ブラック・ホワイト、ミント、ラベンダー、デニム」の6色。
デニムは雨が染み込みやすいと思うので、防水性も考えて買うのであれば除外したほうが無難だと思います。

女の子であれば、ミントやラベンダー、男の子ならシンプルにブラックかブラック・ホワイトあたりを検討してみては。

女性アイコン(通常)
私はちょうどAmazonのセール中に購入で3000円未満で購入できました。子供も気に入っていたので、色違いを2足持っています

価格については、今(2022年10月現在)見たら4000円近くのものが多かったです。ちょっと高いですね。

セールになればまた安くなるかもしれませんが、もしかしたらモデルチェンジする予定なのかも?それで品薄で値上げ?
女性アイコン2(うーん)

気になる方は、ほかのモデルを探してみることをおすすめします。

イフミーのスニーカー

次にイフミーのスニーカー。

上で紹介したシュンソクのスニーカーは19cmからしかなかったので下の子にはあわず。
別のものを探したときに、このスニーカーを見つけました。
サイズは15cm~19cm、色はピンク、ベージュ、ネイビーの3色。「ガールズ」と書いてありますが、ネイビーは男の子でも違和感ないと思います。

イフミーの靴

購入したイフミーの靴

イフミーの靴は裏側に名前欄あり

名前欄があるのは嬉しいですね

靴はクッション性がありそうな素材

布っぽいので濡れると染み込む。メッシュよりかマシ程度に考えると吉。

気になる方はこちらのほうがおすすめかもしれません。

サイズは15cm~21cm、色はネイビー、ブラック、ピンクの3色。汚れが気になる方はブラックが良いかもしれませんね。

イフミーブランドの靴はほかの記事でも紹介したことがありますが、小さいサイズからあるし、柔らかく履きやすいシューズが多いのでおすすめです。

あわせて読みたい
履きやすい子供・避難靴。保育園で使用
子供の靴で履きやすいもの【保育園でも使用可&避難靴紹介】

こんにちは、とはのです。 お子さんの靴選び、子供がぐずって選ぶ時間がないことって多くないですか? とくに共働き世帯や、ほかのごきょうだいがいる世帯、用事ごとが多 ...

続きを見る

アサヒのスニーカー

アサヒのスニーカーを買ったのは、これが初めて。たぶんAmazonでの取り扱いが少ないせいだと思います。
サイズは16cm~25cm、色はブルー、ブラック、ホワイトの3色。

あまりチョイスしないブランドでしたが、子供は気に入ってくれたようです。
今まで買ってきたほかブランドと比べて、底面の滑り止めゴムがかなりガッツリ(ゴツいくらい)なので雨の日も滑らなさそうです。

アサヒの靴

アサヒシューズを買うのはこれが初めてかも

アサヒの靴は裏の滑り止めがスゴい

裏面のゴムがスゴい…。

合成皮革なので、濡れにくい。つま先もガード

全体が合成皮革なので中まで濡れにくい。つま先も補強されているのがわかる

男の子であればこちら。上の女の子用と同じく、16cm~25cmのサイズ展開です。

底のゴムがゴツいとお伝えしましたが、このシリーズ「ガチ強」というようです。
つま先もかなり強化されていて破れにくいように工夫されているようです。
いくつかレビューを見たところ、運動やスポーツをよくする男の子の親御さんからの評判はかなり高い様子。
雨の日用として、スポーツ用として検討してみても良いかもしれませんね(ただしAmazonでは取り扱いシリーズ・サイズが少ないので、もしも合うサイズがあればかなり掘り出し物かも)

 

今回の靴が品切れだったり、いまいちだった場合は、一覧の中から探してみてくださいね。

最強【マルゴのランランRAIN】完璧な防水、長靴代わり

最後にちょっと系統が、MARUGO (丸五)の【ランランRAIN】のご紹介
ランランRAINは完全防水なキッズシューズです。

サイズは16cm~23cm、色はイエロー・ブラック・ホワイトの3色。
長靴だと小学校の下駄箱に入らない、長靴を履きたがらないといった小学校児童のお子さんを持つ親御さんからは高評価な商品です。
汚れも簡単に落とせる、スピード乾燥の特徴があるのもメリット。見た目もレインシューズに見えないのも良いですね。

ただ、難点なのが重さ。
20.0㎝の代表値ですが、片足だけでも200gほどあります。
そのためAmazonレビューでも「重い」といった意見が多く見られます。

ただ、その点を除いても評価は高いので気になる方は検討してみると良いかと思います。

買い足した保育園での通園&小学校の通学靴

メッシュ素材だけれど、どんな靴を買い足していたのかを紹介します。
(ほかページと重複してしまう部分もあるかも)
前述しましたが過去に購入した靴については、色もサイズもなくなり、値段も高騰しているかもしれません。
おそらく似たような靴がバージョンを買えて売り出されていると思うので、気になった方は一覧などで探してみてくださいね。

キャロットのスニーカー。
14cm~21cmのサイズがあって、しかも0.5cmきざみ。
さらに色も11色、値段も手頃(セール期間であれば、だいたい割引クーポン対象の商品だったので、-10%で購入できます)。定期的に購入していました。
ミズノのスニーカー。大体高いものが多いけれど、サイズと色によっては手頃な値段のものも。
この商品は5000円くらいのものですが、2900円弱で購入できました。
今見たらこの商品は現在サイズも色も少なくなっていました(生産中止?)。
気になる方は一覧で探してみてください。
シュンソクのスニーカー。
大体セールクーポン(10%オフ)を使って3000円弱だったと思います。
とくにこれが良いというわけではなく、キャロット同様、値段と履き心地を考えてたびたび購入していました。

女性アイコン(通常)
今回の記事は以上です。お読みいただきありがとうございました。

最近時間がとれず更新が滞っていますが、いくつかネタはあるので時間を見つけて進めていきたいと思います。
以下は一記事として書くにはいろいろと難しいこと、ボツネタ、後日しっかりとまとめた記事化予定のことなどつぶやく供養コーナーです。。

つぶやき

2022.12.7

やはり都心に通勤圏内を持つ地域であれば、中学受験を視野に入れる世帯も多いようで。
駅チカの大手塾など、入塾時期には小学3・4年生と保護者が入り口をあふれるほど埋め尽くしていることが毎年恒例行事になっている。
子供の保育園や小学校も、もちろんその傾向は強く。保育園では半数の子が公文もしくはドラキッズなどに通わせているようです。

ただ、小学校受験は考えていなそうで、あくまで入学後に勉強力を上げておく意味合いが強いような印象。
塾に通わせていなくても、わが家のように通信や市販教材を取り入れた勉強はおこなっている気はします。

こういう地域にいると、中学受験=塾に入って当然の意識が自然と刷り込まれているような気もします。
塾に入っていると一定のレベルが保証される気になるんですよね。
塾に頼らず家の学習のみ(通信含む)で中学受験を目指す世帯のブログなどをみると、幼少期からの力の入れようがわが家とはレベルも違うし。
わが家はどう進んでいくのか、未だ手探り状態です。

-保育園, 小学校(6歳~12歳), 育児・保育(0~6歳), 子供服・グッズ/安全グッズ, 持ち物・揃えるもの
-, ,

© 2022 とはのーとブログ