子供服・グッズ/安全グッズ

買った補助便座や踏み台+トイレトレ実録【トイレトレーニング】

トイレトレーニングの必需品。補助便座

トイレトレーニング。1歳ころから徐々にはじめていくと思いますが、そのためには、まずはグッズが必要ですよね。実際どんなものを基準に選んだのか、実際使っているものレビューを一覧でお伝えします。

トイレトレーニング用に使えたもの一覧

購入にいたるまでの経緯と、購入した後の使用感などをお伝えします。

補助便座はシンプル「リッチェル ポッティス 補助便座」

補助便座は「取り付けやすく、使いやすいもの」を優先にして検討しました。候補としてあがったのは、以下の3種類。

  • 1. キャラクターもの、キャラクターの取っ手がついているもの
  • 2. 補助便座+ステップ台がセットのもの
  • 3. シンプルな機能だけのもの

そのなかで決めたのは3でした。

1の「キャラクター取っ手がついているもの」は置き場と、取っ手が正面にあると、座るときにまたぐのが大変かと感じて却下。キャラクターの取っ手位置を背中に移動することもできましたが、そうするとキャラクター取っ手が見えず、この商品を選んだ意味がなくなるという。そんなわけで、これは除外しました。

2の「補助便座+ステップ台がセットのもの」は1同様、置き場の問題が発生。トイレのスペースがそこまで広くないので、置くことができなそうだったので除外。

そして3。シンプルななかでも選んだのは、「リッチェル ポッティス 補助便座」


※わたしが買ったのは「リッチェル ポッティス 補助便座R」の「オレンジ」でしたが、現在では「ポッティス 補助便座K」という商品名で、カラーは「ホワイト・ピンク・ブルー」の3色になっています。パッと見ですが、選べるカラーが変わっただけかな? 本質的な機能は変わっていない気はします。

これを選んだ理由は、以下の理由から。

  1. 小さな取っ手が横についているだけなので、またぐとき(補助便座に乗るとき)に邪魔にならない
  2. 小さな取っ手があったほうが、踏ん張りで掴むこともでき、手の置き場も安定する
  3. 余計なものがついていないので、置き場に困らない

シンプルな補助便座には、アンパンマンのシートを貼ろう

購入した「リッチェル ポッティス 補助便座」は、キャラクターものの便座ではないので、子供にとっては魅力がいまひとつ欠けてしまいます。そこで「アンパンマン 補助べんざ用シート」を購入しました。

これが「リッチェル ポッティス 補助便座」にはぴったり。子供も大喜びでした。アンパンマンが好きな1、2歳であれば、喜ぶ可能性は高いので、ぜひ買っておくと良いですよ。

アンパンマンシートを貼った補助便座を、トイレに設置すると、こんな感じです。

アンパンマンシートを貼った補助便座

おまるは検討しなかった

おまるは後処理を考えると、どうしても購入する気が起きませんでした。子供がトイレに入ること自体が嫌であれば、検討したかもしれません。

補助便座を片付ける「補助便座スタンド」もあると便利

補助便座は、当然ながらトイレの中に置いておく場所の確保も大切。リッチェルは別売りですがスタンドを販売しています。

使うとこんな感じです↓

補助便座スタンドを使った様子

直接床に置かなくてもすむし、立てるのでスペースは広くなるし、買っておくとなにかと役立ちますよ。

将来的に一人でトイレを使うため。踏み台を購入 ※現在品切れ中

いつか子供がひとりで補助便座に座れるようにするため、子供のトイレ踏み台も購入。最初のうちはもちろん自分でセットしたり、ひとりで座ることは無理です。でも、年齢が上がるごとに自分で補助便座も踏み台もセットしてトイレに行くようになりました。

踏み台は2段の滑り止めがあるもの。台が子供でも運べるように、両横につかめるものを選びました。

サイズは、1段目が横36cm、奥行き32cm、高さ14cm。2段目は横36cm、奥行き27cm、高さ26cm。

購入したのは以下の製品でしたが、現在は欠品中です。

購入したステップ台(現在品切れ中)
(Amazonより商品画像を引用)

代わりに似たものがあったので、一応ご紹介しておきます。少しサイズが異なるけれど、だいたいこんなやつです。

トイレに置くと、こんな感じになります。

ただ、身長が80cmちょっとくらいでは、便座に座っても足がつきません。座ったときに踏み台に足がつくのは、90cm超えないとだめです。しかし、足はつかなくても2歳から手をつなぎながらステップ台を登らせるトレーニングはしていました。補助便座に座るときは、少し抱えて座らせ、トイレが終わったらまた手をつないで踏み台を歩かせていました。

わが家のトイレトレーニング記録

トイレトレーニングは少し遅めで、1歳半過ぎてから(2歳近くになってから)徐々にはじめました。

トレーニングパンツは保育園から止められていたので(わたしの保育園では、そのときの担任先生の方針に左右される。下の子の担任はトレパンでもOKな先生でした)、トレーニング中はおむつのみ。トレーニングパンツを止められた理由として、トレーニングパンツでも、濡れていることに気にしない子もいて、逆効果になるケースもあるから、とのことでした。

家ではパンツをはかし、いっそのこと漏らす感覚を教えこむやり方もありましたが、それはしませんでした。たしかにパンツをはかし、漏らす感覚を覚えさせたほうがトイレトレーニングが成功しやすいとは思います。しかし、ゆとりがない時期だったため、つい子供を責めてしまうような可能性が高かったことや、後始末をする余裕がなかったため、その手段を選択することはできませんでした。パンツでのトレーニングにするのは、本当に最終手段としてとっておきました。

トイレに行ったらシールを貼るのも試しましたが、とくに効果はありませんでした。トイレに行くことが嫌いなわけではなかったし、トイレでおしっこできたらシールだと、できなかったときに泣いてしまって逆効果でした。

焦っていた気持ちを落ち着かせてくれたのは、保育園の先生。

先生は急かすわけでもなく、昨日よりも今日、すこしでも進捗があれば褒めてくれたり、「大丈夫ですよ、ちょっとずつできるようになっていますよ。ずっとできない子なんていないんですから」と笑って励ましてくれたりしました。こういった言葉は、親としても子供としても気が楽になったと思います。

子供は子供なりにがんばっているので、変にプレッシャーを与えないよう、できたときは褒めて、できなかったときは「そういうときもあるよね」と見守る体制でいました。

そうして、子供は3歳になりました。まだおむつでした。そろそろパンツでトレーニングしたほうが良いかなと思っていた矢先、成功率があがってきました。3歳を過ぎた時点で、コツをつかんできたようです。

そしてほぼおしっこが大丈夫になってしばらくしたら、うんちも成功するようになっていきました。3歳3か月、すこし遅めですがトイレトレーニングが終了したのは、一般よりかは少し遅めだったかもしれません。

でも、それ以降はおねしょもおもらしも、一度もありません。

トイレトレーニングは焦りもあるかもしれませんが、ぜったいに卒業する時がきます。プレッシャーを与えすぎず、見守ってあげてくださいね。