おもちゃ・知育玩具 育児・保育(0~6歳)

お風呂おもちゃが飽きる? → ローテーションと100均で解決

2019年10月12日

姉妹で仲良く入浴の様子

こんにちは、とはのです。

みなさんは、お風呂におもちゃを持ち込んでいますか?

もし使っていないのであれば、ひとつでも良いので「お風呂専用のおもちゃ」を用意してみると良いですよ。

理由はお風呂に行く楽しみが増えるから。

「お風呂入ろう」より「今日はお風呂であのおもちゃを使って遊ぼう」と声をかけたほうが、笑顔でお風呂場に行く確立が高いです。

今回はおもに2歳くらいから5歳くらいまでの子供が喜んだおもちゃを、写真付き+遊び方でお伝えします。

ちなみに、今回は

    • ◯◯を買ったものの、100円ショップで良かったかも
    • 100円ショップのこれがおすすめ

など正直な感想を含めたもので、(一部、それなりの製品も紹介はしていますが)「友達のお子さんにプレゼント」「知育玩具」の役目をもつお風呂おもちゃを中心に探している人には、あまり参考にならないかもしれません。

手軽に「なにかないかなー」思っている人や、「こんなのもあるんだー」と参考程度に読みたい人むけの内容です。

お風呂のおもちゃ、100円ショップや安価なもの

手軽に使えるといえば、100円ショップ。それ以外にも、安価で買えるものや、家にあるものを使って遊ぶものをご紹介します。

お風呂の壁に。地図、五十音、アルファベット

100円均一の地図や日本語表も大活躍
100円ショップで売っているのが、浴室の壁に貼ることができるシート。

ダイソーをはじめ、いろんな100円ショップで『日本地図、アルファベット、五十音』のどれかが売っていると思います。

お風呂シートの遊び方は『どこだクイズ』

シートをお風呂場の壁に貼り付けて、子供に「〇〇どーこだ」とクイズ。

1歳や2歳など小さいうちは、イラストに関するクイズ。

3歳や4歳になったら、「『ぬ』はどこ?」とか「『きょうと』、どこかなー?」など、難易度アップすると楽しめます。

子供がクイズを出す側になるのもおすすめ。親が考えている姿がおもしろいようで、ニコニコします。

きんぎょやスーパーボールをプカプカ

おもちゃで遊ぶ幼児
色とりどりのスーパーボールや金魚のおまちゃを、桶や浴槽に浮かべるのも大人気。

金魚のゴムのおもちゃは、「うき金魚」という名でネットでも売っていますが、100匹1000円くらいします。

そこまでは要らないので、まさしく縁日などでゲットするか、100円ショップで似たものを買うのをおすすめします。

注意

口に入れてしまうなど、危ない使い方をする可能性が高いお子さんは、小さい玩具はおすすめしません。対象年齢に沿うおもちゃを用意してくださいね。

お風呂では『〇〇すくい』がおすすめ

うき金魚やスーパーボールは、ペットボトルに入れてプカプカさせたり、パッと手で掴んで「なに色もっているかなー?」など色当てクイズもできます。

そのほかおすすめなのが、お風呂でのスーパーボールすくいや金魚すくい

スーパーボールすくい
ボールや金魚をすくうときに、ポイは必要ありません。小さなスプーンであれば、大丈夫

上の写真のスプーンは「かえちゃOh! まほうのアイスクリーム」に付属されていたスプーンですが、100円ショップなどのベビースプーンや、もう使わないデザートスプーンとかでも良いです。

子供ひとりで桶から桶へとすくい入れて遊んだり、交互にすくって数を競うなどして遊べます。

100円ショップ以外で買った、お風呂おもちゃ

つづいて、100円ショップ以外(おもにAmazonなど)で買って試したお風呂のおもちゃをご紹介します。

良くも悪くも、正直な感想です。

買ってよし『アンパンマン おふろでピタッと! DX』

「アンパンマン おふろでピタッと! DX」
濡らすと壁にピタッとくっついてくれる、アンパンマンのお風呂おもちゃ。

これは別の記事でも書いたのですが、お風呂嫌いの子供に一役買ってくれたものです。

あわせて読みたい
お風呂に入る赤ちゃん
子供のお風呂嫌い。1歳~2歳児を浴槽に入れるまでの攻防

わたしの子供は、とても怖がり。よくいえば慎重すぎるのかもしれません。なにをするにも、いつもと違うことや、少しでも不安を感じることには大泣きでした。 そしてお風呂も、どちらかといえば嫌いでした。おもえば ...

続きを見る

1000円くらいしますが、アンパンマン好きであれば持っておいて損はないかも。

アンパンマン おふろでピタッと! DXの遊び方

パネルを取ったところ
厚さは1cm。
そのため、1歳くらいのお子さんでも持ちやすいです。

2歳くらいならパズルとして楽しむのがおすすめ。

そのほか、ひとつひとつのパネルを裏返して、どのキャラクターかを言い当てっこしたり、パネルを使っておままごとをしたりして遊んでいます。

『かえちゃOh! まほうのアイスクリーム』

お湯とお水をかけると色が変わるおもちゃ。

楽しくて魅力的なおもちゃなのですが、お風呂おもちゃとして遊ぶにはちょっと難点だなと思うのが正直なところ。

理由としては、「冷たいお水」を用意しないといけないところ

お風呂のお湯であったまった製品は、普通のお水だと色が変わらないことがあります。

冷たいお水を最初から用意しておく手間があるのと、お湯とお水を交互に使わないと、このおもちゃであるメリットを最大限に使えないというところが微妙に面倒というか……。

単純にアイスのおもちゃとして遊ぶのであれば良いかもしれませんが、それであれば、この製品にこだわらなくても良いかなーと思います。
100円ショップでもアイスのおもちゃがあるので、それを使っても良いかもしれません。
(ただ、当たり前ですが「かえちゃOh! まほうのアイスクリーム」のほうが、作りは断然しっかりしています。)

『アンパンマン おふろでかさねてシャワーカップ』

アンパンマンのお風呂で遊べるシャワーカップ。(『いないいないばあっ!』バージョンもあります)

子供は喜びはしたのですが、「シャワーカップ」ということだけあり、全部のカップに穴があいているんですよね。
そのため、単純にお湯をくみ取ることができません(漏れていってしまうため)。

4個セットのため、ひとつくらいは穴がないものをセットに入れておいてくれたら良かったのにと感じました。
子供自身もシャワーである利点はそこまで感じないかな……といった印象。

よほどアンパンマンなどのキャラクターに思い入れがない限り、100円ショップなどの砂場遊びグッズとかで十分事足りる気がするというのが正直な感想です。

飽きないための工夫

子供はどうしたって一定期間を過ぎると飽きるもの。

そこでおすすめしたいのが、『ローテーションで遊ぶこと』です。

注意するのは、

  1. おもちゃをすべてお風呂(浴室)に置いておかない
  2. おもちゃを入れ替えるのは、一定の期間を設ける
  3. お風呂以外でお風呂のおもちゃを遊ばない

お風呂場にすべてのおもちゃを置いていたり、頻繁に入れ替えをすると、新鮮さがなくなります。

また、お風呂以外、たとえばリビングでも遊ぶと、お風呂場でしか遊べないという特別感も減ることに。

そうならないためにも、「しばらくの期間は地図のシートと、スーパーボールと金魚のおもちゃのみ。ほかはお風呂の外にしまっておく」など、工夫すると良いですよ。

単純なことですが、意外に効果があるのでおすすめです。

-おもちゃ・知育玩具, 育児・保育(0~6歳)
-, ,

Copyright© とはのーと , 2019 All Rights Reserved.